« プチ リフォーム | トップページ | パピエマシェ »

2015/04/07

マレー料理



寒の戻りで今週は寒い花冷えとなります。

わが家はプチリフォーム中で、更新の準備をする環境ではありませんので、

新商品アップは来週の予定です。

その間、できるだけブログは更新したいと思っています。

+ + +

一昨日マレーシアから帰国された義母さんと、話がはずみ、つい長話となりました。

話の中の一節、あいかわら突然降るシャワー

ある日の午後、息子の車で移動中に、ワイパーが効かないほどのすごいにわか雨があり、

前方の視界ゼロ状態の中、

息子は前の車のバックライトを頼りに走行して、そのみごとな運転に驚いたと。。。

そんな話を聞きながら、1月に行った時のKLのシャワーのことを思い出した。

マレー料理の有名なレストランBijan(ビジャン)に行った時も、突然のゲリラ雨だった。

バナナの木に囲まれ、風が吹き抜ける店内はカンポン(村)の小さな家のイメージ

ナフキンやライトなど随所にバティックを使い、マレーシアの美に触れられるのも魅力です。




Dscn6620_2


マレー料理は辛いイメージがあり、ちょっと苦手と思っていた私ですが、

ここのマレー料理は素材にこだわった伝統的な味で評判ですので、

日本人の口にもよく合います。

羊肉をスパイスと煮込んだコルマ・カンビンも美味しいです。

色々とシェアして注文しましたが、最後はドリアンを使ったユニークなケーキもお奨めです。


PhotoDscn6622_2




凄いシャワーがブリキの屋根を叩き、不気味な音をたてていたが、

室内のエスニックモダンなインテリアに大満足。

まもなく雨は止み、いくぶん涼しくなりKLの空は青空に。




« プチ リフォーム | トップページ | パピエマシェ »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ