« マレー料理 | トップページ | プチリフォーム終了 »

2015/04/08

パピエマシェ

とても冷たいみぞれから雪になった午前中、気温はさらに下がり続け、

真冬並み以上の寒い日になりました。

週明けの20度以上の暖かさが、まるで嘘のようです。

散り始めた桜、4月に雪なんて、5年ぶりだそうだけれど、そんなことあったっけ( Д) ゚ ゚

この先、あまり期待できないお天気、菜種梅雨って言うのかしら!

惜しむ桜の花も雪帽子

長く続かない晴れ間ですが、少しずつ商品撮影をしていきたいと思っています。


パピエマシェってご存知ですか!

漆のような独特な風合いをもつ、フランスはナポレオンⅢ世時代のパピエマシェは
絵柄からもジャポニズムの影響が色濃い時代のものとわかります。

19世紀末~20世紀初頭の頃のイギリスの古いパピエマシェは、
時間の中で熟成されたような、深くこくのある表情をしています。
塗り物を模した黒木の中に、艶やかに浮かび上がる花の姿が美しく、
飛び交う蝶や鳥たちさえも誘惑されてしまいそうです。



Photo




イギリスの上品な老夫婦から買付けたパピエマシェのお品三点
ペンケース・レターラック・TRINKET BOXはどれも状態がよく美しいです。
マーガレット柄が揃って売りに出されるのも、コレクターさんならでは。

貴重品箱に至っては2個の鍵付きの完品です。

このような希少なお品は私達の手でいつまでも守っていかなければと思います。



« マレー料理 | トップページ | プチリフォーム終了 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ