« 端午の節句 | トップページ | 英国への買付け »

2015/05/08

ウィローパターン

ウィローパターンの器を中心に新商品アップしました。

ウィローパターンは中国や日本の磁器に由来する紋様で、
このような東洋趣味はシノワズリーと呼ばれてヨーロッパ諸国でも人気になりました。
日本でも最もポピュラーなウィローパターンとして古くからそっくりな柄が「山水柄」として
ニッコーが製造していました。
当時人気を集めたウィローパターンは本家・中国を含め、日本でも大量に写し取られて
国内外に出ています。
終戦時から昭和27年まで、日本の輸出品はオキュパイド「OCCUPIED」の銘を記すことが
義務づけられていたようです。こうして日本のウィローは海外へ。

しかし、本来は中国の山水楼閣図に触発されて、イギリスで生まれたウィローパターンです。
イギリスのウィローパターンは1780年ごろ、
イギリスの北部シロップシャーの陶工トーマス・ターナーの手によるもので、ヨーロッパの
シノワズリー及びフランスで流行した繊細で複雑な装飾趣味のロココ・スタイルを取り入れた
ターナー独特の東洋でした。

そんなことを考えながら、様々な絵柄や自由な視点で楽しく集めてみるのもいいですね!




Dscn8894
P10103172_3






※イギリスのレストランのランチにもブルー&ホワイトのプレートにあわせて
   ウィローパターンのティーカップ、ミルクジャグが使われていました。
  ブルー、ホワイトの器に合わせて単品で使えるのが利点です。




これと感じる出会いを大切にして、コレクションの奥を深めていくと、

ほかの人には見出せない審美眼も身についてくると思います。

アンティークとはそんな楽しみ方もあります。




« 端午の節句 | トップページ | 英国への買付け »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ