« カーディフ城 | トップページ | 甦った布 »

2015/07/18

ビュート家の館

カーディフ城内にあるビュート家の館も、古い建物を何度も増改築され、
館内の案内書によれば、通路も狭く、迷路のように分りにくいようなので、
ガイドつきのグループ単位での見学に参加することにした。

主な見どころは館の夏、冬のスモーキングルーム、主寝室、アラブルーム、子ども部屋
ファミリー・チャペルなど。

興味があるところしか覚えていないが、
あまりにも見事な絵物語の世界に目を見張るばかり。

ビュート候も天使がお好きだったのか、大広間の天井や柱、
そして暖炉の装飾に至るまで、天使の像や絵が描かれていた。




Dscn9666
Dscn9656
Dscn9661_3

Dscn9664

もう1つ注目するところは、城壁の上の動物たちや、館内にはユーモアな表情の
動物の彫刻が多いこと。
これから入る館の中の装飾を連想させるプレリュードとも言える。




150718_2





その執拗さが、部屋だけでなく、多少子供の遊びのようなところも見られる。

階段の踊り場にネズミが顔を出している彫刻があったり、少し離れたところから、
そのネズミの尾が出ていたり、
階段の手すりにワニが口を開けた彫刻が施されていたり。

実におもしろい!




« カーディフ城 | トップページ | 甦った布 »

trip」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ