« 小さな掘り出し物 | トップページ | 夏野菜が踊る »

2015/07/01

古城コンウィでタイム・スリップ

7月になり、これから梅雨の終盤を迎えます。
そして、暑い夏へと。。。

帰国後初の更新をしました。宜しくお願いします。

ウェールズの旅は、まだまだ続きます。
北ウェールズのConwy(コンウィ)森と川に囲まれた美しい中世の街です。

イングランド王エドワード1世がウェールズ制服のため軍事拠点として建てた城塞、
コンウィ城はユネスコの世界遺産にも登録されています。

外壁や8つの円柱型の塔も含めてほぼ完全な形で残っている数少ない城のひとつ。
小さな街だが、城や古い建物の街並が中世にタイム・スリップしたようだった。



P1080901




城壁からの眺めは絵葉書のように美しく、町側に一番近い塔に上がると

コンウィの町並とコンウィ川、海が一望できてとても気持ちがいい。

円塔を見あげれば、天空にウェールズの旗がたなびいていた。




P1080903
Dscn9594



私は年甲斐もなく、ピンクラインのスニカーと、

決してお洒落とはいえない装いで、旅に出ています。

もう、若くはありませんので、拡大はできませんが。。。

それとも、まだまだいけますか? ご判断はご自由に(^^ゞ モジモジ



P1080910


コンウィ城から近いところにアンティークセンターがあります。

観光もするけれど、ちゃんと仕事は忘れておりません。

ジュエリーが充実していましたが、陶器もガラスも、あらゆる物がありました。

観光地なので、少々お値段は高めです。

Dscn9587_2
Dscn9589





コンウィは保養地スランディドゥノからバスで20分ほどです。

それにしても、どこに行っても必ずいる日本人に、

ウェールズに入ってから一人も出会っていません。!!





« 小さな掘り出し物 | トップページ | 夏野菜が踊る »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ