« 開けてびっくり!アンティークレース | トップページ | Welsh Cakes »

2015/07/12

キュートなボタン屋さん

ウェールズの旅では、1998年に刊行された古い旅行書をたよりに、
カーディフにあるキュートなボタン屋さんを訪ねてみた。
なんせ、17年前の古い本、なくて元々と言う気持ちでした。

そのお店は本によると、CASTIE ARCADE(カッスル アーケード)にあるはず。
このアーケードちょっと視線を上げて歩けば
ヴィクトリア時代の回廊や色鮮やかなステンドグラスが楽しめるカーディフで最も美しいアーケード。






P1080968
Dscn9649



ありました! ありました!!

日本にあったらヒット間違いなし、というくらいチャーミングなボタン専門店。
オーナーのクレアさんはボタンデザイナーを目指していた人。
彼女のオリジナルのボタンやメダル、アクセサリーもありました。


Dscn9653
Dscn9652
Dscn9651





中でも、50年代に閉鎖されたボタン工場のデッドストックものを探したのだけれど、
いまひとつ、トキメクものがなく、店をあとにしました。

やはり17~18年前の情報はすっかり変わっていて、
北ウェールズでも道行く人に尋ねたら「なんて古い本だね!」と笑われました。(u_u。)

イギリスのウェールズは関心がない人でないと、日本からは訪問する人いないですから、
お店の情報などは把握し難いです。

人の情報も当てにはならず、自分で調べるより他ないです。フーン?






« 開けてびっくり!アンティークレース | トップページ | Welsh Cakes »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ