« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015/08/30

 ビートルズとリヴァプール

暑い夏から涼しい秋へと、急激な気温の変化に体調をくずしている方も多いのはないでしょうか?
私も例外ではなく、軽装で就寝していたら喉が痛くなり、これはヤバイと思い、
早めに風邪薬を飲んで、大事にいたりませんでしたが、
皆さんも季節の変わり目は、ご注意くださいね!

旅の記憶も時間がたてば感動も記憶も薄れていくものです。
リヴァプールはアンティークショップは殆どない街ですが、
ビートルズ誕生の地としてあまりにも有名な街ですので、旅のかけらとしてお伝えします。

1960年代に活躍したビートルズですが、ジョーン(ジョーン・レノン)は40歳で暗殺され、
ジョージ(ジョージ・ハリソン)も58歳で没しています。
ご存知のようにポール・マッカートは73歳、リンゴ・スターは75歳と元気ですが、
イギリスでも過去の人となり、在りし日の栄光だけが輝きを放っていました。

ステイしたホテルの壁には勿論ビートルズの大きなパネルが貼られ、ゆかりの場所の
お土産屋さんは、日本語版のTシャツなどのキャラクターもたくさん販売しています。

あるセカンドハウスに入ったら、やはり
ビートルズ関係のキャラクターが多く、アーチストが欲しがるこんなギターも
よく目立つ場所に置かれていた。




Dscn9526

Beatles_2

Dscn9551






ビートルズが1961年にデビューしたバブ
キャバーン・クラブ(CAVERN・PUB)も再建されて、観光客で賑わっています。

ビートルズの足跡をたどり、マージー川河口にある港のアルバート・ドッグに行けば
ビートルズ・ストリートや海洋博物館、ビートルズミュジアムもあります。
ドッグ内では生演奏や、水上ショーを楽しむことができます。





Dscn9530_2
P1080814





リヴァプールはロンドンに次ぐ第二の港湾商業都市ですから、

これまで訪ねた町の風景とは異なり決して美しいとは言えませんが、

ビートルズの登場で再浮上したこの街もイギリスらしいと言えばイギリスらしいです。





Dscn9546
Dscn9547





アルバート・ドッグの周りのショップには、こんなお菓子屋さんも~~~

ビートルズのお菓子のアートです!!!

これ全部あま~い。 お菓子です!

やっぱし、Liverpool=BEATLES




2015/08/26

猛暑から一転

今日のお天気、台風くずれで雨、そして肌寒い~~ ~

東京は21度、10月の気温らしいです。

半袖では寒く、長袖の上着を羽織って丁度いいぐらいでした。

先日ご注文をいただいた九州のお客様から薪ストーブの写真が送られてきました。

心配していた台風もそれて、少し涼しくなり、これから秋の風が吹き・・

早く薪ストーブを入れる季節になって欲しいとのことです。

九州で薪ストーブ?





Photo




九州はいつも暖かいと思っていたら、こんなメールを。。。

よ~くいわれますが・・・

九州でも昔から雪は降りますよ

春と冬・・・年に2~4回は雪も降ります~

最近は夏も東京より気温は下ですから




え~え!w(゚o゚)w そうなんだ!

おうちの庭のアプローチのお写真を見て納得<(_ _)>




Cid_b911331a970840febbbb19a16989f_2






自分でデザインされた佇まいをみて、

お家の中のアンティーク家具やシャンデリアに囲まれたお部屋を

想像してしまいます。

Kさまありがとうございました。

今日の気候のように、秋をとおり越して初冬を感じた一日でした。


しかし、明日からは残暑が戻るようです^^ゞ

不安定なお天気が続いておりますが、皆さまも体調管理にお気をつけてくださいね。








2015/08/24

仕事モードに

一週間の夏季休暇をいただき京都に行っておりました。
猛暑も一段落して、過ごしやすい京都でしたが、やはり盆地で蒸し暑かったです。

京都では御所の一般公開を申し込み、門の中の建物を観覧して、なつかしい大学めぐりも。
帰国中の息子一家と八瀬離宮のホテルで一緒に過ごし、
美味しい京料理をたっぷり頂き、その後は長男と合流して、亡き母のお墓参りに。
みんなが揃い、あの世で両親も喜んでいると思います。

一週間仕事から離れ、のんびりと寛ぎましたが、今日からは仕事モードに切り替えて、
今週も新商品アップして行きますので宜しくお願いします。

京都御所の紫宸殿、階段脇には、東に左近の桜、西に右近の橘があり、
前面には白砂の南庭が広がり、建物と同様に庭も重要な役割を果たしています。




Dvc000112



夫も私も、大学が京都で、烏丸今出川通りに面した同志社大学のレンガの
学び舎になつかしい異国の風情を感じる。




Dvc000342



出町柳の日本料理店で息子たちと待ち合わせ、京都のおばんざいで舌鼓。
京都は日本と言えども別格!
いつ行っても、独特の文化が味わえる素晴らしい街です。



Dvc000452




ホテルの部屋は5人部屋でとっても広く、すてきなリビングでした。





P10900322





ホテル内のイタリア料理店トラットリアで、孫の誕生日を祝い
家族のささやかな幸せの時間が流れる。



P10900782_2



京の夜は更けて~~~私の短い夏休みは終わりました!







2015/08/17

夏季休暇

本日から23日まで夏季休暇に入ります。

この間の発送業務及び新商品の更新はお休みさせていただきます。

メールのお返事は24日になります。

宜しくお願いします。

16日(日曜日)の大江戸骨董市にはお盆休みにもかかわらず、
沢山の方にご来店いただき、またお買い物していただいたお客様ありがとうございました。

幾分やわらいだ猛暑に一安心しながらも、前回の時とは違い滝汗はありませんでしたが、
やはりじとっとした暑さは同じです。

当店は小物をたくさん持っていきました。
日常使いの6本セットのスプーンやフォーク、シルバーのカトラリーが好評でした。
次回はもっとたくさん持って来てネ~~~と嬉しいリクエストを頂いています(*^_^*)



P10900182






私のブースは有楽町駅側で、大きな木の影で、しかもベンチありで木陰
誰が決めたわけでもなく、当日受付の順番で決まるもので、
暑い夏はラッキーとしか言いようがありません。

今回もアメリカ人フランス人、中国人など各国からの観光客も多く、
国内も四国や九州、大阪の遠方の方もお買い物をしてくださいました。
中国人の小学生のお嬢ちゃんが紙に中国語でベストプライスの金額を提示してくれるのですが、私は中国語がわかりません。
そこに日本語が話せる中国人の男性が助っ人にあらわれて事なきを得ました(^^ゞ

仕事をしながら、まるで社会勉強しているみたいです!

下記は骨董市のレポです。

当店お隣さんは、ロンドン在住の若い業者さん。
男性の好きそうな時計やめがね、燕尾服、外国人の女性に昔の紳士が着用していた
ワイシャツを奨めています。
意外と女性に似合いお買い上げ(*^_^*)
彼の流暢な英語がすばらしい!




P1090028

こんなランプシェードのスタンドも狭いブースでは重宝します。

なかなかセンスあるブロカントのお店です。

P1090024




知り合いのオーナーさんのMさんが寄ってくれた。

彼女も今回出店しているのですが~~~。

ブラブラと他店を訪問する余裕あり。

それで、彼女の手作りのショルダーバッグに目が点になり( Д) ゚ ゚




P1090030
       
             なんと バックの飾りにホースブラスが~ ~ ~

P1090029



このアイデアはイイネ。 いただき!

今回もホースブラス、持っていったのだけれど、男性は馬の飾りのこと知っている人が
多かったのですが、おばちゃん達、栓抜きなんて思っている方が大半でした^^ゞ

この画像見せたら、まだ半信半疑?

でも素敵な使い方があるのね。。。と納得していただいたようです。



大江戸骨董市は海外でも有名で、ガイドブックにも掲載しているようです。

年々若い人や外国在住の業者さんの出店も多く楽しめる骨董市です。




150816






次回9月20日に出店予定です。

有楽町でお会いしましょう。




2015/08/13

カーディフでブラジル料理

世間ではお盆休み、都心に向かう電車もすいているし、
街の通りもお盆休暇で、シャッターが締まっているお店もチラホラ。
当店も来週から夏季休暇に入ります。

暑くても食欲は旺盛な今年の夏、夕食のコップ一杯のビールの美味しいこと。

イギリスって、食べ物おいしくないでしょう?とよく聞かれるけれど、それも昔の話
今や定番メニューの「フィッシュ&チップス」の他に全世界の料理が食べられます。

カーディフで、宿泊ホテルのお隣さんが、ブラジル料理のレストラン。
何だか看板に色々書いてあるけれども、ちょっと店内を覗いてみたら、
雰囲気がよさそうなお店だったので入ってみた。

まずバイキングのブラジルメニューは野菜料理中心で嬉しい内容。
私達の後にブラジル人の女子学生らしき6人のグループが入ってきた。
常連客らしく、彼女たちがお皿に取るお料理を見ていたら、
お豆の入った黒いカレーのようなものをライスにかけていた。
「とても美味しくて。。。Very Good」とおっしゃるものですから。。。




2_3

Dscn9693




。。。カレーと言うよりは少し甘いぜんざいぽい味でした。

これは前菜、本命はお肉、これまたオーダーの仕方がユニークで、
スライスしたお肉を2切れずつ4種類食べられるわけ。
カモとかポークとか串挿しの大きな肉を持って、テーブル席にやって来るスタッフ。



Dscn9692




いらない時はコースターのような丸紙のNOを提示するってわけ。
最初、何だかよくわからなくて、周りの人の様子を見ていたら、
そのうち内容が理解できた。




Dscn9695





お隣のテーブル席はブラジル人のかわい子ちゃんの美人組
皆さんよく食べるのに容姿端麗でスリムで健康的。

旅先では、やはり美味しい食事をしなければ体力も気力もつきません。
言葉が話せなくても、心は通じ合えます~~~フーン ハイハイ




2015/08/11

荷物搬入~秋に備えて

昨日買付け品の荷物、わが家に搬入しました。
不安定なお天気でしたが、何とか無事予定よりも早く作業が終わりました。

10数年間、倉庫から渋滞の首都高速を通って荷物を運搬していたわけですが、
今年の3月に首都高、中央環状線C2が大井JCTから新宿まで開通して、
渋滞もなく時間が大幅に短縮できました。
しかしお盆の影響もあり中央道は行楽地、帰省客の車で大渋滞(;´д`)トホホ…。
その内、空模様が妖しくなり、ひと雨きそうな気配!
わが家に到着した時は、すでに雨が降った後で、晴れ間が覗いて、また暑くなりました。
私はいつもラッキーゾーンの中にいて、雨に降られたことは一度もありません。

またまた空いた部屋のスペースはカニさん歩き(^^ゞ
本日一個目のダンボールを開梱したけれど、全部開梱するには8月末までかかる見込みです。
どうせ、この暑さと私の夏期休暇、本格的にご紹介するのは涼しくなった9月になると思います。
それまでは、開梱したお品から順次ご紹介して行きますので、
サイトショップを時々覗いてみてくださいねm(__)m




Dscn0899_2
Dscn0898
Dscn0904
Dscn0902





一個目のダンボールには、たまたまお問い合わせが多かったビーナスと天使のレリーフ
が入っていました。
そして、ブルーのトワルド・ジュイ風の薔薇とエンジェルと小鳥だけのカーテンペアも。。。
余りの数の多さに、購入したのさえ忘れておりました。

いつもはスパートかけての開梱ですが、この暑さ
体内のエネルギーも消耗で~す。








2015/08/08

ドールハウス

8月8日は立秋です。

暦の上では秋のはじまり、見あげた空には、うろこ雲、いわし雲が、

秋の訪れを告げるはずですが、今年はとんでもない猛暑、いくぶん涼しくなったとは言え

まだまだ油断はできません。

6月の買付けの荷物はすでに東京港の保全倉庫に到着しております。

昨日夫が税関審査に赴き、無事審査をパスして10日に荷物を搬入します。

年々輸入審査も厳しくなり、円安の影響で支払う税金や手数料も高くなりましたが、

夢を運ぶ商品の数々、皆さんの元にお届けできること幸せなことだと思って頑張ります。

猛暑でなかなか写真撮りができなかったアンティークドールハウス

週明けにアップの予定です。

この種の大きさのドールハウスのご紹介は2回目です。

画像も沢山撮影しておりますが、少しだけ参考のためにご紹介しますね(*^_^*)

ブリキの窓には、可愛いプリント柄のカーテンがかかっています。

この家に住む家族は、7人家族で、お父さん、お母さん、歳の離れた姉、

そして、男の子か女の子かわからない小さな子供が4人。

木製のピアノ、クローゼント、チェア、ベット

メタルのキッチン用品、ケトルやお鍋は蓋まで付いております。

プラスチックの電話やアイロン台、ベビーカー、お皿やコップなどなど~~~。




Dscn0826_2
Dscn0850
Dscn0853
Dscn0859

Dscn0887
Dscn0891







家は木製で、煙突が2個、玄関から階段があり二階にあがります。

画像は大まかなイメージで、私がミニチュアを設置したのですが、

色々と自分の好きな場所に置いて、楽しむのがドールハウスの魅力ですから、

お好きなお部屋づくりを楽しんでくださいね。









2015/08/06

旅のカケラ~old パインの家具

日本列島、猛暑日がつづいています。

暑いのなんの!言葉で表現できませんが、

私はお蔭様で毎日仕事があるので、暑いなんて言っておられず、気がつけば一日が済んでいます。

避暑地軽井沢のお客様からメールをいただいて、軽井沢でも34度だったそうです。
あの北海道でも36度あった場所もあったとか?
イギリスの知人も日本の猛暑を心配しています。

先日、ブログのネタになるような出来事があったのですが、
昨日米国オレゴン州在住の日本人の女性がジュエリーに一目惚れされてオーダーしてくださいました。
彼女のメールには

「八木さんのショップは日本のアンティークの本で知りました。
もう随分前のことです。
HPに買い付けの旅のことが書かれていて、スコットランドやベルギーにも行きましたよ。
主人の祖先のルーツがスコットランドなので歴史好き、
汽車が大好きなのでいつもロンドンからエジンバラまで汽車です~~~。」

嬉しかったですね!


そんなわけで、買付けの旅のことを書かなくてはとモチベーションが高まっています。
北ウェールズに入る前にリヴァプールに2泊滞在したので、リヴァプールのお話も
したいのですが、リヴァプールはアンティークショップが非常に少ないです。
ビートルズが有名ですが、街は決して美しいとは言えません。

そんなことで、最近アンティークフェアでめっきり見なくなったオールドパインの家具。
日本でもカントリーブームの頃は、どこのショップでも置いてありました。
あのナチュラルな色具合、1900年代に入ってから作られた実用性の高いものはいつまでも飽きません。
北ウェールズのスランディドウノの街の大きなアンティークショップ
入り口に入るなり、素晴らしいオールドパインの家具がところ狭しと並んでいました。
あるところにはあるのですね( Д) ゚ ゚




P1080837
P1080859
P1080854
P1080855
P1080856
Dscn9560




この画像にもありますが、とても気に入ったチェストが2個ありました。
大きなバンのレンタカーで来ていれば、絶対ロンドンまで積んで帰るのだけれど、
それもできず、なくなく諦めました。

田舎の街に行くほど、まだまだ上質な家具やアンティークが眠っております。
アンティークハンターは実際歩いて見なければ、本当の喜びなんて湧いてはきません。




2015/08/03

各地猛暑

各地で猛暑が続いています。

昨日の大江戸骨董市には猛暑の中たくさんの人出で賑わいました。
恐れていた暑さも、ラッキーなことに大きな木の下のブースで、直接太陽があたった
時間は殆どなく、何とか水分の補給とお客様の対応で、時間が過ぎていきました。

もちろん顔は滝汗状態、首に巻いたタオルも汗でしめっており、羽織っていた上着まで
汗を通して、この暑さは異常事態ですね フゥゥ~ι(´Д`υ)アセアセ

こんな暑さでも、やはり東京の中心地ですね!
海外の観光客も多く、国際色豊かな骨董市で、そのファッションを見ているだけでも飽きません。
右隣はパラソルつきのブース、上質な和骨董のお店で、常連客で繁昌していました。
左隣は、和服と帯のお店で、欧米の観光客が着物や浴衣を試着して、姿見でチェック。
500円均一とは安すぎ(・_・)エッ....?

そりや~~~ この価格では、外人さんは喜びますよ!

カメラ特参で、スナップ写真撮ればよかったのですが、お昼過ぎからお客様が詰めかけて、
そんな余裕がありませんでした。
サイトショップのバーリーウェアのウィローパターンのトリオも三客ともお嫁に行きました。
純銀のカトラリーも人気があり、シルバーハンドルのシューホーン(靴べら)
在庫3本持って行って一本は日本の男性、
一本は台湾のイケメンの男性の元に(隣に身重の奥さまがいました)

もう一本は7月の骨董市で友人のブースで知り合った可愛い女性がお買い上げ。
「イギリスのアンティークが大好き!」とのことで、8月に出店すると言ったら、
わざわざ来てくださいました。
次回16日(日曜日)も出店の予定ですので、
お近くの方は遊びに来てくださいネm(__)m




150803


サイトショップの更新は今週はジュエリーが充実していますが、

体調にあわせボチボチのアップとなりますので、宜しくお願いします。






« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ