« 荷物搬入~秋に備えて | トップページ | 夏季休暇 »

2015/08/13

カーディフでブラジル料理

世間ではお盆休み、都心に向かう電車もすいているし、
街の通りもお盆休暇で、シャッターが締まっているお店もチラホラ。
当店も来週から夏季休暇に入ります。

暑くても食欲は旺盛な今年の夏、夕食のコップ一杯のビールの美味しいこと。

イギリスって、食べ物おいしくないでしょう?とよく聞かれるけれど、それも昔の話
今や定番メニューの「フィッシュ&チップス」の他に全世界の料理が食べられます。

カーディフで、宿泊ホテルのお隣さんが、ブラジル料理のレストラン。
何だか看板に色々書いてあるけれども、ちょっと店内を覗いてみたら、
雰囲気がよさそうなお店だったので入ってみた。

まずバイキングのブラジルメニューは野菜料理中心で嬉しい内容。
私達の後にブラジル人の女子学生らしき6人のグループが入ってきた。
常連客らしく、彼女たちがお皿に取るお料理を見ていたら、
お豆の入った黒いカレーのようなものをライスにかけていた。
「とても美味しくて。。。Very Good」とおっしゃるものですから。。。




2_3

Dscn9693




。。。カレーと言うよりは少し甘いぜんざいぽい味でした。

これは前菜、本命はお肉、これまたオーダーの仕方がユニークで、
スライスしたお肉を2切れずつ4種類食べられるわけ。
カモとかポークとか串挿しの大きな肉を持って、テーブル席にやって来るスタッフ。



Dscn9692




いらない時はコースターのような丸紙のNOを提示するってわけ。
最初、何だかよくわからなくて、周りの人の様子を見ていたら、
そのうち内容が理解できた。




Dscn9695





お隣のテーブル席はブラジル人のかわい子ちゃんの美人組
皆さんよく食べるのに容姿端麗でスリムで健康的。

旅先では、やはり美味しい食事をしなければ体力も気力もつきません。
言葉が話せなくても、心は通じ合えます~~~フーン ハイハイ




« 荷物搬入~秋に備えて | トップページ | 夏季休暇 »

season」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ