« ベアと愉快な仲間たち | トップページ | いくつもの引き出しから~ »

2015/09/16

二人のマリア・テレジア

マリア像をご注文いただいたお客様からお電話をいただきました。


お電話の内容は~~~。゜○

関東の大きなカトリック教会で、マリア像に魂を入れる儀式をしていただいたとのお知らせでした。


私も少し調べてみましたら、
聖書では「偶像崇拝」が厳しく禁じられていますが、像の使用を完全完璧に否定しているわけではなく、
神をイメージさせ、礼拝を助ける道具として使われているとのことです。

また、このようにも記載されていました。

「開眼供養」に相当するものは、キリスト教にもあります。
「祝別(しゅくべつ)」と言います。
その道具の持ち主に神の恵みが豊かに与えられるようにと、司祭が祈りを唱えます。
像だけでなく、信徒が新しい家や車を買ったときに、司祭を呼んで祝別してもらうこともあります。


海外に買付けに行くと十字架やキリスト像、ヨセフ、マリア像、
たくさんの聖職物のアンティークがディスプレイされて売られています。




お客様は

画像で見るよりもはるかに美しいマリア様に、心が洗われるようだと大変喜んでおられました。

彼女はカトリックの信徒さんで、2歳のとき洗礼を受けられたとのこと。

洗礼名はテレジア

それで、今回更新しましたマリア像の話になり、この像はマリア・テレジア?

その通りなのです。



Dscn1682





小さな花のテレジア、薔薇のテレジアとも~~~。

正式名はリジューのテレーズと言います。

彼女は病気で24歳の若さで亡くなりました。

リジューのテレーズの文献は下記になります。

リジュー・テレーズ(テレジア)

もう一人のテレジアはオーストリア、ハプスブルク家の唯一の女帝マリア・テレジア

フランス王妃のマリア・アントワネットの母君です。

女帝マリア・テレジアの文献は↓

マリア・テレジア

生き方が全く異なる二人のテレジア

アンティークをひも解くと、歴史背景がみえて来て、とっても興味深いです。





« ベアと愉快な仲間たち | トップページ | いくつもの引き出しから~ »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ