« 再び廻りあった逸品 | トップページ | 新着商品のご案内 »

2015/11/16

悲しみのParis

13日のパリ同時テロの悲劇に涙します。

私のアンティークの買付けは、イギリス・フランスを拠点していますので、再びショックです。
ネットショップをオープンした前後は、ショップ開店準備に備え年に4回、フランスに買付けに行っておりました。

多数の死傷者がでたコンサートホール、バタクラン劇場は、パリの中心地に近く、
ドゴール空港、ユーロスターの終着駅北駅や、隣接する東駅にも近く、
当時は安宿を求め、コンサートホールのすぐ近くのオペルカンプ(oberkampf)の小さなホテルに宿泊したこともあります。

東駅寄りのレビュブリック広場があるレビュブリック(Re'publique)は東西南北に交差する
メトロの中心駅で便利がいい場所でもあるのですが、
移民が多く住んでいる場所でもあり、治安はあまりよろしくありません。
現に私も、当時はまだ若かったので、夜は一歩もホテルから外に出ませんでした。

そうそう思い出しました!

その安宿、冷蔵庫がなく、昼間買ったまん丸ケーキの残りを部屋の窓の外に袋に入れて
吊るしていたのを。。。

夜のパリは冷えますからね~~~
ケチくさいことをしていたものです(苦笑)

思えばシリアの空爆に賛同しているイギリスも危ないものです!
いつも、危険と隣あわせの危機感をもち、行動しているのですが、
人は、すぐ時間がたてば、その恐怖を忘れがちです。

私達日本人もいつなん時、テロの標的にされるかも知れません。
対岸の火事と思わないで危機感を持ちましょう。

若い人の命がこんなテロ行為で絶たれたことは大きな悲しみです。
ご冥福をお祈りします。


欧州の観光も暫くは躊躇されることでしょう!
少しでも多くのヨーロッパアンティーク、ご紹介して行きたいと思っています。




151116blog





明日17日、更新予定です。

準備が整いましたら、お知らせします。






« 再び廻りあった逸品 | トップページ | 新着商品のご案内 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ