« 年の瀬の幕末会席膳 | トップページ | 2016’新年を迎え »

2015/12/28

個性豊かなイルミネーションの世界

欧米ではクリスマス気分は1月上旬まで続き、飾り付けもそのままのところが多いですが、
日本はクリスマスムードは27日で終わり、お正月の飾り付けに入ります。

週末の東京駅界隈、丸の内駅舎がカラフルな光に包まれ、
駅舎はスペシャルカラーでライトアップのミチテラス。
ミチテラスは「未来を明るく照らしていこう」という意味がこめられています。


P10902302P10902692


見物の人の多さに、警備の人の数も多く、規制がかかっていました。
それでもフルカラーLED照明による演出は美しい!!!

八重洲中央口には「光の帆」をイメージしたグランルーフと、
デッキフロアには、吹き抜ける風を感知して光と音が変化する灯具「希望の芽」が
ロマンチック!



P10902612_2


丸の内仲通りは大手町と有楽町を結ぶ丸の内メインストリート。
世界のブランド店が軒を連ねる沿いに植裁された約200本の街路樹~~
丸の内のオリジナルカラーであるシャンパンゴールドの光で輝きます。

海外の観光客も含め、人、人、人、
沿道にはドイツ発祥とされるクリスマスマーケットもありました。



P10902702_3P10902712P10902732



並木道を彩るシャンパンゴールドのきらめきと共に、ビルの周りや沿道が、
とても綺麗に整備されていること。

世界に誇れる大都市の姿です。





« 年の瀬の幕末会席膳 | トップページ | 2016’新年を迎え »

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ