« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016/01/29

結婚記念日

東京のはずれのあきる野に、

250年前に建てられた庄屋造りの家が今も静かに佇んでいます。

それは、まるで山里のふるさとの家。

門の前の水車がコットン、コットンと昔物語を語り続けます。



P10904562




先日わたし達夫婦は43回目の結婚記念日を迎えました。

共に白髪の生えるまで。。。なんて、しっかり白髪になった60代です。

あきる野市、わが家から車で一時間あまり、もう少しかかったかなあ!

記念日によい「思いで」をと、予約しておいた「黒茶屋」さん

黒光りした太い梁、長い廊下、使い込まれた手すりや柱。

何気なく活けられた椿の花に、嫁いだ冬の日のことが思い出され、

ふるさとの家もこんな風であったかと。

心が自然にほぐされていきます。


P10904932P1090460
P1090494

P1090495




仲居さんに「今日は結婚記念日で、この場所を選んだの。。。」と話すと

おり鶴の匂い袋がプレゼントされた。

ほのかにいい匂いがして、気のきいたおもてなしに、ほっこりで~す。




P10904782_2




黒茶屋名物は季節の素材の山と川の料理

黒茶屋の竹林でつくる竹の器で召し上がる素朴な山里料理です。

生きている山や川の幸をいただくことに感謝して、1つ1つ舌鼓



2



多摩川の支流である秋川が流れるあきる野の岩瀬峡

先日の残雪が、澄んだ水と深い緑をいっそう美しい景観に。




P1090502


川のせせらぎを聞きながら、

これから先、二人して少しでも長く寄り添っていければと。。。

心、ふるさとに帰る。

2016/01/27

裏庭日記

日本列島、寒波到来ですっぽりこおりついております。

雪や積雪などご縁がなかった九州、沖縄地方まで想定外の雪の話題でびっくりポ~ンです。

何にせよ大きな被害がなかったことはせめてもの幸いです。

毎年2月の建国記念日までは、寒さもピークで、それを過ぎると少しずつ、春の兆しが

感じられます。もう少し寒さとのお付合いが続きそうです!

本日、新着商品アップしました。

春らしい、アイテムたっぷりとご紹介しています。

ご覧になってくださいねm(__)m

 

この冬のシーズンを私は、「裏庭」のイメージと重ねています。

先日降った雪は日陰の裏庭には残雪が溶けずにのこっております。

故グレース・ケリー出演のアメリカのサスペンス映画に「裏窓」って映画ありましたね。

裏庭、裏窓と聞くと、何だか陰気な感じがしますが、そんなことないのです。

イギリスの街の民家を歩いていると、小さな家や長屋のようなレンガ造りの家にも

裏に回れば、小さなスペースの庭があります。

裏庭には野菜や花が植えられていて、生活の場になっています。

昨年10月にロンドンで夕食を共にした友人。。。

「小さい家だけれど、裏庭があるわ」と話していました。

ロンドンは地価が高いので、豪邸でない限り、

表の庭は駐車場のスペースにしている家が多いです。

ですから、むしろ玄関先の庭は狭いのです。

「ヨーロッパの家」フランスはアパートが主流、ベルギー、オランダは可愛いお家が多い。

わが家の表庭(^^ゞ。。。?

鉢植えの八重のクリスマスローズ、今年も咲きました。




Dscn4639_2







買った時よりも小ぶりですが、小さな蕾も3~4個ついています。

あきらめていただけに、それはそれは嬉しいです!

そんな小さな喜び、心の糧と重ねあわせています。


2016/01/23

大寒をすぎて

 

暦の上で一番寒いとされている日「大寒

2016年の大寒の日は1月21日

その中でも大寒の瞬間のときがあるようです。

日本時間で正確に言うと、1月21日午前0時27分ですって!

この大寒を過ぎれば暦の上では春へと向かっていくのですね(o^-^o)

それにしても寒い日本列島で、この週末から大雪になるってほんとう? 少し心配です。(ノд・。)


そんな時節ですが、当サイトではひとあし早く春を先どり~~* * *

次回は花柄のアイテムをご紹介する予定です。

かわいいローズ柄のお品で、冷え切った心身のモチベーションを高めましょう!





160123newitems_2






皆さまも大雪や気温低下にくれぐれもご注意くださいませ。




2016/01/18

冬の時間

暖冬ぎみの日本列島にも寒波到来で、関東地方は今日の未明から雪が降り出し
少し積りました。
いつもながら雪に弱い東京で、交通網にも運休や遅れが出て朝から大混乱しております。

関東は午後には晴れ間も覗き、明日は晴れとの予報ですが、
今週は大雪になる地域もありますので、充分気をつけてくださいませ。

先ほど新商品アップしました。
寒い時期ですが、宜しくお願いします。




寒いこの時期は外出も億劫になりおうちの時間が多くなります。

私は外出も好きですが、家の中にいる時間も大好きで、結構楽しんでいます。

コトコトお鍋で煮込む、この沸騰するお鍋のざわめき

一枚一枚不揃いで並べたお皿たち~~

よく見るとそれぞれ美しい顔しています!

使ってこそのアンティークの器たち。

いよいよ中断していた「ダウントン・アビー」の放映が1月から始まりました。

広大な貴族の邸宅を舞台に、20世紀初頭の英国の貴族社会を描いた「ダウントン・アビー」

毎回、登場人物たちのエレガントなコスチュームや生活様式に魅了されています。

ロケ地ハイクレア城の居間で使われているティーカップやディナーセットに特に関心が高まります。




Dscn4273






皆さんも冬のなごみの時間を貴族になった気分でお過ごしくださいね。

おうちの中の小さな幸せはそんな気持ちから生まれて来るものです。






2016/01/14

京都「きぬかけの路」を行く

一泊して、2日目は世界遺産の3寺、金閣寺、竜安寺、仁和寺、を結ぶ
「きぬかけの路」を歩き、仁和寺の南の妙心寺まで足を伸ばした。

1397年に足利義満が建てた別荘、金閣寺(鹿苑寺)
新春の輝くばかりのひかり~~。
きらびやかな金閣の黄金が水面にうつり、それはそれは美しい栄華を極めた姿です。





P1090374




京都を代表する観光地、金閣寺
寒い冬にも沢山の外国人が訪れていましたよ!

金閣寺をあとにして、お次ぎは竜安寺の方丈庭園(石庭)はあまりにも有名

三方を油土塀に囲まれた白砂の上に15個の石が配置されていますが、
どこから見ても15個の石すべては絶対に見えないことから、
人間の心の不完全さを示す仏教の教え、あるいは禅の境地か?等々

石庭と向き合う人々の姿
庭に向き合う人は、自分の心に向き合うことになる。



P1090389
                         ミニ石庭

P1090388
P1090396_2



石庭に向かえども、何も浮かばず、

時間がたてばお腹が減る。やはり私は凡人かと(苦笑)

境内の西源院で有名な「湯どうふ」をいただく。

障子の外庭は、暖かな日差が燦燦と。。。万両、千両の赤い実がお正月らしい!




P1090404_2160111_3




体も心も温まり、三番目のお寺仁和寺に向かう。

仁王門から中門をくぐると五重塔、観音堂、御影堂が建ち並ぶ。

春には名勝、御室桜が咲き誇る。




P1090417_2P1090415




最後は仁和寺から徒歩10分の妙心寺

境内を北から南に歩くだけでも約8分かかる。

こんなに沢山のお寺が立在~~びっくりぽーん!



P1090446
P1090452




ゴールデンルートで巡ったお寺で参拝

沢山の御利益をいただいて2016年も良い年になりそうです。

* * *


そろそろ次回の更新の準備を始めます。






2016/01/13

新春の京都

甥の結婚式にて京都に行って来ました。
東京もこの冬一番の寒い一日になり、初雪を観測したとのことですが、
連休の京都は小春日和のように、暖かでした。

式は上賀茂神社の重文指定の社殿で挙げられ、観光客の中を歩いて社殿に向かう時は
参列者もいささか恥ずかしい気持ちでしたが、
皇室の崇拝が厚く、伊勢神宮に次ぐ大社される神社での式はなかなか経験できないものです。
社殿の前のふたつの立砂は御神体山である神山を型どったもの。




P1090330

P1090333

P1090344
P1090343

披露宴は四条河原町近くの鴨川沿いの「船鶴」京都

松原橋から見る冬の夜の灯りが京都らしい。

夏は川を渡る風が心地いい鴨川の床となる。

P1090358



1月10日は橋を渡ったすぐの恵美須神社で一年で1回の10日えびす

披露宴が終わった後、えびす神社に繰り出す。

夜8時を過ぎた時刻なのに、すごい人の波、~~( Д) ゚ ゚

近くに舞妓さんの宮川町歌舞練場があるので、舞妓さんの姿も見られます。



P1090364


関西で特に親しまれている十日戎ですが、

「商売繁盛、笹もってこい」という掛け声がとても有名です。

両手に釣り竿と鯛を持ち微笑むえべっさんは、遠くの海からやってきて人々を

幸せにするといわれています。


P1090361



巫女さんが笹の葉を清め、

その横には笹につける神符守札授与所がずらっと並んでいました。

笹を買った人は、さらに、ここで色んな形の神符守札を買い求めます~~。

わが家も・・・かさばる笹の葉?・・・新幹線?・・・あきらめました!

P1090368
P1090369
P1090370

京都は親戚も多く、学生時代、OL時代と京都で過ごした私ですが、

何度訪れても趣がある街です。

外国の人が、京都は別格で、日本の中にもう1つの国があるようだと言いますが、

それも納得、そのように思えます!






2016/01/07

お守り

新春セールには初日から沢山のご注文ありがとうございます。

セールは20日迄です~引きつづき宜しくお願いします。

5,6,7日の3日間は青空を羨ましく眺めながら
梱包、発送に缶詰状態でした。
頑張ったおかげで、お振込みいただいているお客様のお品はすべて発送しました。

。。。と言いますのも10、11日と甥の結婚式で京都入りしますので、
ショップはお休みさせて頂きます。
まことに勝手ながらよろしくお願いします。

大安の4日、昨年の達磨さん、招き熊手、玄関のお飾りを持って、
片道徒歩30分の神社に昨年のお礼と今年の祈願に参拝してまいりました。

神社の境内にはどんと焼きの火が焚かれていました。
一年間わが家に飾ってあった商売繁盛の達磨さんや、
幸せをかき集めた熊手もここで焼かれます。
4日は達磨さんの業者さんが来ていなかったので、今年は心身健康のお守りにしました。

何事をするにも、健康が第一ですものね。

一年たちましたらお守りは神社へ納め、またお礼参りをします。





Photo


元気で今年もお仕事ができますように。。。と拝んで参りました。







2016/01/03

新春セール4日よりスタート

暖かなお正月を迎えています。
まだまだお正月気分が抜けきれないでいましたが、新春セールのお知らせをする頃には、
だんだん仕事ムードになって来ました。

転んでもだるまさんのように起き上がるのは、難しいけれども、頭の切り替えは
早い方だと自負しています。

さて、恒例の新春セールを1/4~1/20まで開催いたします。
当店はどのお品もリーズナブルな価格で提供しておりますので、普段はセールを一切しておりませんが、
半年に一度だけ日頃の感謝をこめて、破格のセールを開催しております。
毎年好評で皆様に喜んでいただいています。
今回のセールは、太っ腹の20%~40%とかなりのお値引きとなっています。
また、すでにプライスダウンしている商品はさらにその価格よりお安くなるというまさに
びっくりポーンのセールです。

海外に買付けに行く度に感じることは、アンティークブームが欧米だけではなく、
全世界に広がっていて、西洋アンティークに無縁だった国々からのバイヤーさんらしき人も見かけるようになり、
益々買付けが厳しくなって来ている現状です。

もの探しはアンティークが好きでなければできない仕事ですが、
物が動かなければ続けられない仕事でもあります。


どうぞ、この機会によいお品をお得な価格でお求めになってくださいませ。
宜しくお願いします。




160104newyearsale

 

2016/01/02

お正月 三が日

あたたかなお正月です。

元旦はお花を床の間に飾り、関西風の薄味のお雑煮で祝いました。

今年も、煮物になます、煮豆、クワイ、煮豚など。。。コトコトと手料理

和骨董に手描きの花柄のプレートが、お正月の膳に彩りを添える。



Photo_2

Dscn4222

Dscn4220





いいお天気に誘われて、元日から連日お出かけ、今日はデパートの初売りに~~。

楽しみが多い福袋もあったけれど、中身が見えない福袋はパス。

結局、シンプルな白いTシャツとブルーチェックの半袖のブラウスを購入

冬物に交じって少なめに置いてある夏物は、いい物が多く狙い目で~す。

20~50%オフでセールしていたので、お買い上げ(o^-^o)

* * *

当店も1月4日(大安)から恒例の新春セールを開催します。

半期に一度のセールで毎年沢山のお客様に喜んでいただいています。

明日3日に詳細をメルマガ及びTOPページでお知らせしますので、宜しくお願いします。




2016/01/01

2016’新年を迎え

新年あけましておめでとうございます

昨年は、たくさんの方との新しい出会いがあり、アンティークを通じてご縁ができたこと

大変嬉しく思っています。

買付けから発送まで、一人で作業をしておりますので、

体力的には今まで通りにはいきませんが、アンティークへの愛着は益々高まるばかりで、

お客様のあたたかいお心遣いに支えられて、

本当に楽しくお仕事をさせていただいています。

愛、幸せ、喜び、安らぎ。。。とは人と人のつながりです。

人の輪、交わりを大切にして、ナンテンのように1つ1つ実をつけて歩んで行きます。

今年も素敵なアンティークの橋渡しのお手伝いを、ゆるりとさせていただきますので、

ご愛顧のほど宜しくお願いします。

Nanten16101

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ