« お礼 | トップページ | 19世紀のジュエリーケース »

2016/02/08

バレンタインデー(チョコ商戦)

2016年のバレンタインデーは2月14日です。

1月に早くもチョコレート商戦がはじまっていて、デパート、スーパー、

洋菓子屋さんは勿論のこと「掻き入れ時」と申しましょうか、

チョコレートが一年で一番売れる時期。

随分前ですが、ブログでバレンタインデー。。。「チョコレート会社の陰謀か?」と

ささやいたこともありましたが、すっかりミイラ取りがミイラになり、定着してしまいました。

うちの夫が週末デパ地下のチョコレート売り場に寄ったら、若い女の子であふれていて、

オッサンらしき人はどこにもいなくて、ひんしゅくあびそうで、即々とその場から立ち去ったとのこと┌ヤレヤレ 困った人

それでもちゃかりお値段だけはチェックしたみたいで、1個500円以上のチョコも売れ筋だって!

毎年買い遅れると、お手頃価格の人気のチョコは完売になっていて、

今年は早めに買い求めた。

最初のチョコは昨年の12月、表参道ヒルズ店で並んで買ったチョコ

森永DARS(ダース)のヨーグルト&ベリーと抹茶あずき・・・どちらも期間限定品

2個目は、ベルギーのガレー社のオレンジビシュ・レスカリエ、

エルメスのジュエリーBOXのようなオレンジの筒型のケースに入っています。

このケース欲しさに購入(^^ゞ

その他フランスのパレット&ショコラなど。。。

お奨めは、ユニークなスプーン形のベルジャンチョコ。

そのままでももちろん、ホットミルクやコーヒー、紅茶に溶かして、オリジナルのホットチョコレートが楽しめます。





Dscn4851
Dscn4855





ホットなハートがホットにって、セレクトしてまいりましたが、熱いカップに触れて

スプーンチョコは変形しつつ、クールなハートに^^ゞ

次回、ご注文のお客様のお荷物の隙間に、数に限りがありますが、

ペアでお入れしたいと思っています。




« お礼 | トップページ | 19世紀のジュエリーケース »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ