« 三寒四温 | トップページ | 春を待つ »

2016/02/22

英国でベジタブル

書きたい事柄も多いブログですが、ひらめきが冷めた頃には、時間も空いてしまいます。

久しぶりのブログです。

イギリスって言えば、「食事まずいでしょう?」と言われるのは昔の話

今では食の文化も向上して、色々なメニューがあります。

ジャンボーなベークポテトやタラなどの白身の魚の半身を揚げたフライにアツアツの

チップス(フライドポテト)が付いた「フィッシュ&チップス」はイギリスの代表的な料理で

安くて、しかもボリュームがあり、バブやレストランには必ずあります。

ビールと食べれば、かなりGoodです。

なかでも私の好きな軽食はカリカリのベーコン、レタス、トマトにチーズが入ったサンドイッチを

注文後にトーストしてもらい、溶けたチーズとあいからまって、とっても美味しいのです!

パン好きの私は数日続いても飽きません(^^ゞ




P1000631




朝食付きのホテルやB&Bで、朝食に出されるのが、こちらEnglish Breakfast

イギリスのポピュラーな定番メニュー

こちらも、バブやレストランでオーダーできます。

P1010186





アンティークフェアが開催される場所は、商業施設がない郊外や農場地が多いので

お菓子や、コーヒー、ドリンク、ハンバーガーだけで済ますこともあります。

ビタミン不足、野菜不足になり、体力、気力がかなり消耗します。

時には、スライスしたリンゴを小袋に入れて持ち歩いたり、オレンジをかじったりしていますが、

日本にいる時に比べてはるかに少量です。

ロンドンに戻った日、レストランに入り、「たっぷりの野菜」と意味不明の言葉でオーダーしたら

こんな野菜づくしのジャンボーなサンドイッチが出てきた!

ボリュームたっぷりとはいえ、あたかも芸術品?それとも Crazy ? 

びっくり ポーンで~す。。。



Pict0027_2





滞在中は食事代を節約してスーパーマーケットの軽食やテイクアウトを上手に利用していますが、

日本では消費税値上げに際して、課税対象品とそうでない免税品とでもめているけれども

イギリスの課税、複雑です。

また、そのあたりもお話できたらと思います。

今週も更新の予定です。よろしくお願いします。





« 三寒四温 | トップページ | 春を待つ »

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ