« 海の向こうのひな祭り | トップページ | あれから5年 »

2016/03/07

ブロカントのお皿に恋して

一雨ごとに春が近づいているように感じます。

春の食材も芽吹き、早くもたらの芽、竹の子の天ぷらがデリカショップで並んでいた。

このところフランスのお皿は人気継続中です。

キッチンの棚に、フレンチブロカントの白いジャグやお皿を飾りながら収納。

ビビットなお花を飾れば、それだけで手料理が楽しくなります。

ブロカントで買付けた八角形の高台付きのお皿とコンポート、珍しいフランスの薄い水色とグリーンです。

フランスの色は、赤でも、ブルーでも独特の美しい色合いなのです。




Dscn57452

Dscn5802





植物の生命力を一番感じるのは芽吹くこの季節


このお皿にどんなお料理をのせましょう!

近日中にご紹介します。






« 海の向こうのひな祭り | トップページ | あれから5年 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ