« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016/04/28

タケノコ梅雨

4月~5月にかけて、シトシト降る雨のことを筍梅雨と言うらしいです

今日は、朝からまとまった雨 

ゴールデンウィークはおおむね お天気がよさそうです。

私は連休中、たまりにたまった部屋の整理と衣替え、必ず実行したいと構えています。

年頭の誓いのように、自分にいい聞かせないと、楽な方に楽な方へと。。。

あまのじゃくの誘惑に負けてしまいそうです(。>0<。)

4月最後の新商品をアップしました。

宜しくお願いします。




P1010289


                          ★5月のイギリス・カントリーサイドにて


2016/04/26

母の日の贈りもの

母の日のプレゼント

こんなの母の日に貰ったらうれしいなあo(*^▽^*)o

???

ひごろ、頑張っているのだから、自分のために奮発しょう!!

王冠のようなティアラのようなパール&シルバーリング

母性愛に満ちた天然石 クンツァイト&オパールブローチ&ペンダントTOP

近日中にアップします。






Dscn6814

Dscn68262








2016/04/25

エナメルジュエリーset

過ごしやすい季節になり、日課にしている朝の体操と散歩

同じ道を歩いているのに、毎日新しい発見があります。

ゴールデンウィークも、まもなくです。

今週もゆっくりペースで更新の準備をしております。

自分の時間を大切にしながら、日々限られた時間の中でのお仕事は、

ほどよい緊張感で充実しています。

昨年訪れた北ウェールズのコンウイの町のアンティークショップで見つけたエナメルジュエリーの3点set

どこかで見たようななつかしいミニドロップチョコ~~

大人可愛い。。。を意識して楽しめるジュエリーです。




Dscn6765

Set_3



Dscn6783




近づく母の日にいかがでしょうか。

近日中に更新の予定です。

今週もお楽しみに!!!





2016/04/23

英国 1930年以前の紋章・王冠・モノグラム 豪華コレクションアルバム

1930年以前の英国の王冠、紋章や貴族・ブルジョワのモノグラムの数々。

40ページにわたる台紙に貼られた1000点以上のモノグラムは

すべてエンボスが施された大変貴重なお品です。

全ての台紙はパーフェクトに近い美しい状態で、貼り残しがなく、小さな台紙のモチーフに

整然と並ぶ様はまさに壮観です。

英国の歴史は、このようなモノグラムがステータス(社会的地位・身分)として大切に扱われてきました。

ページをめくる度に一枚一枚の小さなモノグラムに秘められた紋章の威厳さに感動します。

歴史的価値があるコレクションアルバム。

飽きることがない時間の流れに、きっとわたし達は虜になってしまうことでしょう!




Dscn6694_2
Dscn67582_2
Dscn67192_2
Dscn6750_2

Dscn6742
Dscn67592_2

Dscn67232_2
Dscn67312_2


更に、コレクションされていた方が、全てのページの解読のメモを冒頭に貼ってくださっています。

Dscn67012_2


ページごとに、台紙のモチーフの名前、色、そしてモノグラムの枚数~~。

例えば下記のページはFan(扇)、オリーブ色のモチーフ、枚数まで記載されています。




Dscn67142_2

Dscn67152
Dscn67162

Dscn67182






コレクションは個人の趣味

同じものはありません。一点ものです。

この素晴らしいコレクションアルバム、次回の更新でご紹介します。

ご興味のある方は是非、ご覧になってくださいませ。




2016/04/20

祈り

本日、新商品アップしました。

熊本を震源とする地震のことを思うと心が痛み、

悲しい気持ちになりますが、へこんでばかりいられません。

皆さんが元気になる暮らしのお手伝いとして、更新しました。

今週もよろしくお願いします。


被災地の皆さまが一日も早く平穏な暮らしに戻れるように、祈りましょう。




Img_13022








2016/04/19

平和な時

熊本、大分の地震、今なお余震が頻繁に起こり、皆さん疲労が蓄積されておられます。

報道番組に流れるニュースを見ながら、一日も早く収束することを祈っています。

崩壊した自宅を前にして、呆然と立ちつくす、お父さんと近くに住む息子夫婦と孫。。。

つい先日までは孫がよくこの家に遊びに来ていて、楽しい幸せな日々だったとのこと。

突然の地震で、崩壊した家のまえで堰を切ったように大泣きされていました。

これまでの楽しい家族の暮らしが、思い出されたのでしょう!

災害は忘れた時にやって来るなんて、言われますが、人間が生きていく上には忘れたいことも多く、

引きずることの辛さもあります。

日本列島はおっかない断層の上にあり、いつ暴れ出すかわかりません。

対岸の火事ではないのですから、日頃から自分たちでできる備えは必要です。




昨今は飛行機のフライトも海外のテロも心配で、もしものことがあればなんて、

いつも思いながら買付けに出かけております。

もちろん息子たちにも所在をあきらかにして出発します。

平和な時ってどんな時?

私は日頃の生活の中の暮らしの日々だと思っています。

いい事も悪いこともありますが、先日、海外駐在の息子の住まいを訪れた時、

お嫁さんが、「お母さん。。外食も飽きられたでしょう!今晩は私が料理します。」と

サラダに煮物に散らし寿司など。。。




P1090585
P1090587






孫は料理している間、おとなしく日本の相撲と「おかあさんといっしょ」を見ていました。

彼女は“たくさんの料理を一度に作ったことがないので、時間がかかりました!”と照れ笑いしていましたが、

精一杯のおもてなしに、胸いっぱいになりました。

平和な時、幸せな時って、こんなひとときではないでしょうか。






2016/04/17

地震に心痛

熊本を震源とする大きな地震で被災された方々に
心よりお見舞い申し上げます。

度重なる余震で、不安な日々と思います。
一日も早く平穏な暮らしが戻りますように祈っています。


Illust576_thumb130425

熊本、大分にはお客様もおられます。
心配ですが、安全な場所に無事に避難されていることを願うばかりです。

こんな時は、更新の準備も気が進まず、自粛とも思いましたが、
沈みがちな思いに拍車をかけて今週も更新の予定です。







2016/04/14

西洋様式 プラナカン生活

新緑が眩しいくらいに美しいですね!

きびしい冬を乗り越えた木々には小さな芽が芽吹き、やがて青々した緑が茂る。

私はこの時期が好きで、生命の神秘さを感じます。

* * *

ペナンのプラナカン・マンション

余談ですが、外国では豪邸や富豪の屋敷のことをマンションと言います。
2004年にアメリカの友人の家に滞在した時、
買付けたアンティークを梱包して日本に送る為に運送業者にコレクトを頼み、
日本の送り先を「マンション」と言ったら、「マンション?」とびっくりしたようだった。(@Д@;
そして彼は「あなたは大金持ちだね」と言った。

日本では集合住宅のことを、マンションと呼ぶけれども、
国が違えば、その意味合いが大きく異なること。
言葉って難しいですね。υ)アセアセ

プラナカン・マンションの正面玄関」のホールの柱、
スコットランドのグラスゴから運ばれて来た柱です。
遠いイギリスの地から船で運ばれて来たとのことです。
二階の階段、照明も西洋建築が取り入れられて異国情緒たっぷり~



P1090637_2
P1090638
P10906492

地下の台所には、ホウロウ製品がずらり、柄や形はヨーロッパのホウロウとは

少し異なるけれども、独特の可愛らしさに驚きです。

P10906582_2
P10906592
P10906602_2



歴史があるところには、文化が生まれ、世界との交流も盛んになり、独特の文化が育つ。

見ること、聞くこと、知ることは、旅の大きな財産です。

まだ、知らない文化、どこかでお目にかかれるでしょう!

そして、ペナン島をあとにする。






2016/04/11

coming soon

更新の準備中です。

次回はちょっとレアなアンティークをご紹介します。

アンティークは一点物が多く、同じものが少ないけれど、不思議なことに次から次ぎへと

新しい出会いもあります。

この出会いと、緊張感がたまらなく好きです。

クラウン(王冠)のレリーフが素敵な2段ケーキスタンド、パリの著名な画家の薔薇の油絵、

時計の刻む音がクラシカルなエンジェル柄のクロック。

天使のフィレレースの飾りカーテン、透かし模様の木彫りが見事なミラースタンドなど。。。

ピックアップしてみました。 




Dscn6408204antique22newitems



アップまで、もう少しお待ちくださいませ。



2016/04/10

コロニアル建築




平和な時間というものは、そう長く続くものではなく、ベルギーのテロの翌日に

クアラルンプールから帰国しました。

マレーシアは入出国時に、指紋検査があります。テロの次の日でもありますので、

出国検査も厳しいかと思っていましたが、わりとスムーズにクリアできました。

買付けを含め海外に出向くことが多い私ですが、想定外のこと、いつ遭遇するかもしれない気持ちで、

危機感をもって行動しています。

生かされている命、一日一日の喜びを大切にしなければと思います。

息子がペナンで予約してくれたホテル、白亜のコロニアル建築。

コロニアル建築とは、17~18世紀にかけてイギリスやオランダなどのヨーロッパ各国が、

東南アジアを中心とした植民地に造った建築物を指します。

1885年創業のイースタン&オリエンタル・ホテル

創建者は東南アジアのホテルの歴史を築いたサーキース兄弟で、

アジア屈指の名ホテルでもあり、内部にまで及ぶ造りは重厚、壮麗です。

私が泊まった部屋にご案内します。

広い部屋、アンティークの調度品、ベットルームからバスルームに行くガラスの扉は

フランスのアンティークのステンドグラス。。。美しい!!

イギリス、フランスのホテルに比べて、このリッチなお部屋と広さ、サービスに大満足。

お値段は決してお高くありません。

勿論ホテル内のレストランのお料理もおいしいです。

一週間でも泊まって、いのちの洗濯をしたいけれども、そんな時間も余裕もありませんし、

平和な時間が持てたこと、旅の冥利につきます。







正面玄関

P1090676

プールサイド

P1090687
アーチ型の窓が宿泊した部屋↓
P1090688
P1090597
P1090596
これこれ。。。ステンドグラスに小花模様のレリーフ

P1090602

クローゼット&鏡台もアンティーク

P10906032

ライティング・ビューロー、わが家にもあるけれどもこちらも素敵!

P1090604_2
P1090605

ホテルのすぐ傍は海、ナイスビュー

P1090612

ホテル内のレストラン、海をながめながらテラス席をおすすめ

P1090613




次回の買付けまで、ボチボチと更新して行きますので、

よろしくお願いしますm(__)m




2016/04/06

さくら、さくら、 まだ見ごろの桜も~




6日ぶりに青空となった関東です。

咲き始めてから、一気に満開になり、あとは風に吹かれて散り行くさまがまた美しい!

うちのすぐ傍の都立東大和南公園のしだれ桜が今、見ごろです。




Dscn6355

Dscn6356




大勢の人が満開の桜を楽しんでいます。

南公園の名物桜、古木の夫婦さくら



春休みの子供たち、新学期もまもなくですね!

Dscn63572

Dscn63622_2

Dscn6368




体育館の窓ガラスに映った桜も美しい!!!



Dscn63662





さくら、さくら、今年も綺麗に咲いてくれてありがとう。






2016/04/04

ビーズ刺繍と装飾

満開の桜を後目に今朝は雨模様。。。

しかし、さくらは散らずに持ちこたえています。明日は天気になあれ!


ペナンのプラナカン・マンションの美的世界ですが、まだまだアンティークファンにとっては

見どころも沢山あり、ご紹介したい逸品も多いのですが、内容をしぼってご紹介しています。

特にビーズバッグや、手刺繍ものは、女性のこころを魅了するアンティークの1つです。

ヨーロッパでも古いビースや手刺繍ものはアイテムにとらわれず人気です。

しかし、その歴史は曖昧ではっきりはしていません。

アジア諸国は比較的、歴史がはっきりとしていて、特にプラナカン文化における物とのかかわり方はよくわかります。

手刺繍が施されたニョニャ(女性の呼び名)の衣裳はクバヤといい、

19世紀末の館内で履いていたビーズサンザルは、職人と使用人たちが時間と手間をかけて作ったものです。



女性が身につける装飾品の数々。。。ため息です。。。!




P10906482

ビーズサンダルの甲の部分の刺繍です。

P10906522

P10906533


フランスで花嫁に送られたガラスドームに入った装飾「グローブ・ド・マリエ」もたくさんありました。

こんな場所で意外です!

P10906542

すべてビーズ刺繍です。

こちらのビーズはアンティークビーズですが、現行品のビーズ、刺繍のモチーフのサンプル付きのものなど、

アート&クラフト店、雑貨店、お土産屋さんでも売っています。

P10906562
P10906572_2






当時の日常のプラナカンの生活形態が残されていることで、

その歴史的背景が、突然の訪問者にとって細部まで知ることができるのです。

私にとって貴重な体験でした。




2016/04/01

4月 桜満開

近所の桜は、満開近くなり見ごろとなりました。

新入社員を含め、はな金の夜桜は花冷えとなり、ビールはどうかしら?

そんなこと思っているのは私ぐらいで、若い人は活気と熱気で暑いくらいでしょう!

ともあれ、今日は新しいスタートの日です。

TOPページでもお知らせしていますように、4月は従来通り、日時を決めての更新となります。

更新日は必ず事前にメルマガ及び、TOPページでお知らせしますが、

毎日サイトを見られない方には、メルマガ(無料)のご登録をお願いします。

4月は、春~初夏にかけての爽やかなアイテムを中心にご紹介したいと思っています。




Dscn6188






今月もどうぞ宜しくお願いします。


« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ