« 4月 桜満開 | トップページ | さくら、さくら、 まだ見ごろの桜も~ »

2016/04/04

ビーズ刺繍と装飾

満開の桜を後目に今朝は雨模様。。。

しかし、さくらは散らずに持ちこたえています。明日は天気になあれ!


ペナンのプラナカン・マンションの美的世界ですが、まだまだアンティークファンにとっては

見どころも沢山あり、ご紹介したい逸品も多いのですが、内容をしぼってご紹介しています。

特にビーズバッグや、手刺繍ものは、女性のこころを魅了するアンティークの1つです。

ヨーロッパでも古いビースや手刺繍ものはアイテムにとらわれず人気です。

しかし、その歴史は曖昧ではっきりはしていません。

アジア諸国は比較的、歴史がはっきりとしていて、特にプラナカン文化における物とのかかわり方はよくわかります。

手刺繍が施されたニョニャ(女性の呼び名)の衣裳はクバヤといい、

19世紀末の館内で履いていたビーズサンザルは、職人と使用人たちが時間と手間をかけて作ったものです。



女性が身につける装飾品の数々。。。ため息です。。。!




P10906482

ビーズサンダルの甲の部分の刺繍です。

P10906522

P10906533


フランスで花嫁に送られたガラスドームに入った装飾「グローブ・ド・マリエ」もたくさんありました。

こんな場所で意外です!

P10906542

すべてビーズ刺繍です。

こちらのビーズはアンティークビーズですが、現行品のビーズ、刺繍のモチーフのサンプル付きのものなど、

アート&クラフト店、雑貨店、お土産屋さんでも売っています。

P10906562
P10906572_2






当時の日常のプラナカンの生活形態が残されていることで、

その歴史的背景が、突然の訪問者にとって細部まで知ることができるのです。

私にとって貴重な体験でした。




« 4月 桜満開 | トップページ | さくら、さくら、 まだ見ごろの桜も~ »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ