« 骨董市レポ | トップページ | メディチ家の至宝 »

2016/05/09

薔薇の季節

GWも終わり、いつもの静かな暮らしのはじまりです。

今年も届いた息子たちからのMather Dayプレゼント

また、一年元気に過ごそうと思います。

階下の緑は遊歩道が見えなくなるまで茂り、茂り、

可愛い白花を咲かせながら大木に~。




Dscn7159






13日からは最寄の駅から直通バスも出る、国際バラのガーデニングショウが始まります。

ナポレオン王妃ジョゼフィーヌは、パリ郊外のマルメドン城でたくさんの植物を収集しました。

中でもバラのコレクションは250種以上「薔薇の母」と言われています。

彼女が植物に囲まれ過ごしたマルメゾン城を、ガーデンデザイナー吉谷桂子さんが表現します。

また、ジョゼフィーヌが所蔵していたと言われるルドゥーテの「ユリ科植物図譜」の肉筆原画が特別に展示されます。

2016年のガーデニングショウはアンティーク色の濃い嬉しい企画です。



ショップでは、薔薇をモチーフしたヴィクトリアンのC&S、

テニスセットと呼ばれるレアなC&Sを今週ご紹介します。



Dscn7067
Dscn7097
Dscn70833





小路を通れば薔薇の香りが。。。

香りの庭を散歩しながら、優雅な器でお茶しましょう!








« 骨董市レポ | トップページ | メディチ家の至宝 »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ