« GW | トップページ | 骨董市レポ »

2016/05/03

旬の幸と温泉


私のGWは計画通りに進み、衣替え、部屋の整理も終わり、すっきりしたところ

昨日、東京都のはずれのあきるの市にある懐石料理の「燈々庵」に行って来ました。

こちら結婚記念日に訪れた秋川渓谷の「黒茶屋」さんの姉妹店ですが、

また違った雰囲気の佇まいでほっこりと癒され、

竹林、2階席から眺めるお庭の緑の青さ、日本の美を、旬の幸と共に味わいました。


車箪笥に飾ってあった筍の盆栽。。。季節感があって素敵!





P1090764

P1090763_3

P1090759





5月の懐石膳は旬の幸の献立、歯ごたえもやさしい筍

いろんなお料理が楽しめるのですね!天ぷら、和え物、煮物など~~。

前菜の折箱を開けてびっくり!

若葉の頃の旬菜をたっぷり詰めた玉手箱



Photo
P1090743_2

P1090737
Photo_2







楽しみ方って、わりと身近な所にあり、些細なことの中にあるのだと思います。

熊本の地震で被災された人のことを思うと、気がとがめ、心が痛くなるけれども

その分、幸せって何だろうと考えさせられます。

帰路、少し足を伸ばし、日の出町の「つるつる温泉」に入り、心も体もいやされ

今日は、仕事モードに切り替え、全国で一番古い骨董市「平和島骨董市」に行って来ました。

3日、4日、5日と3日間あるのですが、初日でもあり、すごい人でしたよ!

毎回3日間で、4~5万人の来場者があるそうです。

和骨董が多いのですが、西洋アンティークもほどほどにあります。

さすが、ガレ、ラリック、ドームといった名品も陳列されていて、目の保養になりました。

当店も、そろそろ仕事モードに切り替えつつあります。



« GW | トップページ | 骨董市レポ »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ