« キッチン付きのホテルで | トップページ | デンマークのアンティーク »

2016/06/20

多難なフライト

はじめて搭乗したSAS(スカンジナビア航空)

今回はデンマーク買付けの旅にて、SASを選択した。

機内食は美味しくないと聞いていたけれども、サービスもお味もまあまあでした。

成田→コペンハーゲン(乗り継ぎ)→ロンドンヒースロー

往路のコペンハーゲンではロンドン行きが二時間以上も遅れ、ヒヤヒヤものでした。

電光掲示板に映し出される搭乗ゲートの案内が表示されないまま、時間は刻々と過ぎる。

上下のフライト便に「キャンセル」の表示が出るたびに、今日は「飛ばないのでは?」と

不安がよぎるが、こんな時は、聞かない、見ない、話せない方が、訳もわからずまま待つしかないと思った。

後でわかったことなんですが、この週は欧州からの便はどの便にもかなりの遅れが出ていて、

フランスの豪雨でパリのセーヌ川は洪水で溢れ、フランス行きは欠航が相次いだとのことです。

待つこと二時間半あまり、ようやくロンドン行きは満席のまま、日没前に飛び立った!

コペンハーゲンからヒースロー空港までは約二時間あまり

いつもながらの入国審査の列

こんな夜の遅い時間なのに、次々と飛行機が到着するハブ空港ロンドンヒースローでございます。

今やヒースロー空港の名物まで言われている入国審査待ちは改善の余地もなく、

ひたすら待つより仕方がありません。

あまりの要領の悪さに、日本の入国審査の手際のよさに拍手

この状況ではホテルに到着するのには何時になるかわからない。。。

12時を過ぎてしまうのでは~と思い

夫は宿泊ホテルに電話を入れた!

ホテル側は24時間フロントに係りの人がいるから大丈夫との返事。

ひとまず安心(*^-^)

今度は、トランクのことが心配になり、審査後、到着便のベルトコンベヤーを捜しに行ったら

案の定、わたし達の大きなトランクだけが残されていた。

それから、ヒースロー・エクスプレスに飛び乗り、パディントン駅へ。。。

ホテルに着いたのは、日にちが変わった12時を過ぎていた。

本当に長~い一日でした。

明日はフリーデー、ロンドンでゆっくりすることにした。


デンマークの上空より

P10909632

P10909662_2

P10909702



少ずつですが、更新の準備をしています。

次回は買付けたばかりの北欧のアンティークをご紹介します。

よろしくお願いしますm(__)m




« キッチン付きのホテルで | トップページ | デンマークのアンティーク »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ