« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016/07/29

フュン島のアンティークショップ

フュン島のほぼ中央に位置している町オーゼンセ。

街の名前は北欧神話に由来している。

6月なのに、燦燦とふりそそぐ太陽、真夏のような風景ですがさわやかです。

人々は午後のひとときをテラス席でお茶とお喋り。。。

こんな風景はヨーロッパでは日常的なのですが、まだまだ日本では珍しい光景です。




Dscn0137



最初に訪問したアンティークショップ「HYTTEBALLE ANTIQUITETER」

広々とした店内には「ロイヤルコペンハーゲン」王室御用達の「ホルムガード」のガラスなど

色々とアンティークは溢れていますが、少しもお値引はありません。

どんなアンティークショップでも少しはお値引するのが常識ですが、頑固おやじの店主は「もともと安い」と一言

こちらもバイヤーだから、物の値打ちぐらいはわかっております。

イギリスで買いつけたことがあるドイツ製の純銀のティーストレーナが馬鹿高いお値段がついていた。w(゚o゚)w

気持ちが通じないお店では、どんなお品も買う気がしないもの。

たぶん日本人に慣れていないのかも? 



Dscn0140

Dscn01422
Dscn01462

このお店を後にして、むかった先は。。。

裏手にアンデルセン資料館がある「DAMGAARD LAURITSEN ANTIK」(ダムゴー・ラウリトセン・アンティーク)

ゴウジャスな雰囲気が漂う店内は幅広い品揃えでアンティークの銘品が並ぶ。

かなり高級品が目立つが、いかにも逸品と思えるものばかりです。

ジョージ・ジャンセンのブレスレットやブローチなども充実していました。


Dscn0161
Dscn01592

ロイヤル・コペンハーゲンのフローラダニカのディナーセットのテーブルセッティングは見事でした!!!

Dscn0158




軒先がこんな可愛いお店もありました。

いかにも自転車王国、デンマークらしいです。

その他、街のアンティークショップはいくつもあります。

旅の記念として、北欧しか買えないアンティークを一目みるだけでも、訪れる価値はあります。



2016/07/24

究極のカメオ ブレスレット

今のものにはない緻密な細工が施されたアンティークのアクセサリーカメオ。

その起源は古代エジプトとされ、フランス、イギリスどちらの国でも支持されているジュエリーのひとつです。

そもそもカメオとは柱や壁に飾る浮き彫りのことをさし、

その後、宝石の上に浮き彫り彫刻が施された装飾品となりました。

有名なもののひとつには戴冠式の冠があり、カメオをふんだんに埋め込まれて作られています。

今回ご紹介するカメオのブレスレット、素晴らしい究極のカメオでございます。

手の込んだカメオが10個も付いております。

しかも5個ずつのお顔は向き合って、ひそひそ話しが聞こえてくるようです。

カメオの種類には貝を素材としたシェル、メノウを素材にしたストーンなどがありますが、

その素材、そのものに女性の顔が彫られている貴重なお品です。

かなり古いお品で100年以上ははるかに経っております。

10人の女性は王の后(きさき)だったのではないでしょうか?

いろいろと思いを馳せております。





Dscn09412

Dscn09422_2

Dscn09492

Dscn09452






いつまでも、手元に置いて眺めていたいアクセサリーですが、

素晴らしいお品だからこそ、皆さんに早くご覧になっていただきたいです

週明け月曜日(25日)にご紹介します。

究極のカメオ ブレスレットを色白の、それとも小麦色の手首につけられるのはどなたさまでしょう!



2016/07/23

コペンハーゲン~オーデンセへ

この2日、関東は5月初めの気温で、涼しいというか肌寒いです。

梅雨明けした地域の方は羨ましいと思われるかも知れませんが、やはり夏はほどほどに暑い方がいい!



デンマークの旅、色々ありまして、記憶がさめない内にお話しなければと思っています。

コペンハーゲンのあるシェラン島の主な観光スポット、アンティークショップ廻りを終え、

アンデルセンが生まれたフュン島で王室御用達の逸品を見つけるためにオーデンセに向かう。

フュン島に行くにはコペンハーゲンの中央駅からインターシティ(特急列車)かインターシティ・リュン(超特急)に乗る。

北欧諸国の中でも最も南に位置するデンマークは大きく分けると、ドイツと陸続きであるユトランド半島

コペンハーゲンがあるシュラン島、オーデンセのあるフュン島を中心に大小500近い島々からなっています。

ですから、車中には途中の主要駅で乗り換えてドイツに行く人も乗っています。

旅はアクシデントが付きものですが、出発する前から電車は遅れるわ、ころころ変わるホームナンバーに、あたふた゚゚(´O`)°゚

フュン島に向う人は、殆どが外国の観光客で、誰に聞いてもノー クマッタネ

何とかオーデンセ行きの列車に乗車したものの、前日予約していた席が見つからない。

わたし達の予約番号は48と49、その番号は各車両に同じ番号があり、それぞれ先着の人が座っている。

車両番号の7は端から端まで捜したけれどこの電車にはない?

座席の上の荷物棚の下にある表示窓に席の予約状況が表示されているが、

意味不明で、座っていいものかどうか迷っていたら、英語が話せる人が予約が入っていない場合は

「KAN VARE RESERVERET」と表示されているので、OKだよと教えてくれたので、座ることにした。

わたし達だけでなく他国の人は皆、困惑していた(`ε´)

前日並んで買った予約チケットの料金もパーになる。




P1100078






コペンハーゲンを離れるごとに、車窓は緑の草原が多くなり北欧らしい風景になる。

と、思ったら突然列車は止まり、何のアナウンスもない。。。。

暫らくして、短い放送があったがデンマーク語でチンプンカン

前に座っていた男性が「車両故障で10分間遅れると」英語で教えてくれた。

しかし、その10分は永遠に続き、一時間くらいは止まっていたような気がする。

日本のような時間に忠実な国は世界中さがしてもないので、半分諦めてはいるが、

社会保障が充実している国なので、もう少しちゃんとしている国かと思ったが、それとこれとは違うようだ。

シュラン島から海を渡り、フュン島の玄関口 ニューボー(Nyborg)へ

途中、近年話題の風力発電が島のあちこちで見られる。

原発に頼らないこの国のあり方は見習うべきですね。




P1100084




そうこうしているうちに、目的地オーデンセ駅に到着

駅前には奇妙なオブジェが。。。



Dscn0134





いざ、フェン島のアンティークショップを目指しGO-

ボチボチ旅の様子お話していきますネm(__)m






2016/07/20

夏季期間の更新

東海から西は梅雨が明け、厳しい暑さに夏本番。

関東は少し先になりそうです。その分朝夕はクーラーなしで過ごしやすいです。

日本列島そんなに広かったかなあなんて思ってしまいます。


トップページでお知らせしていますように、

暑い時期ですので、8月末までは不定期で更新して行きます。

毎年、この形態をとっていますが、お家でゆっくりとお買い物をしたい方や、

暑いからなるべく外出したくないという方に好評です。

暑さに負けずボチボチ更新していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。





Illust3445_thumb160720







2016/07/18

記念日はフレンチ料理

関東甲信越から西は梅雨明け

これから暑い夏の本番です!

先日のこと。。。

夫の誕生日から数日たち、記念日のお食事は青学(青山学院大学)のすぐ傍のフレンチ料理店

地図を取り出し迷っている二人を見かねて、寿司屋のおっちゃんが店先で教えてくれたのだが、

目的地は目と鼻の先だった(^^ゞ

この青山通り界隈、新しいビルや改装中の建物が多く、日ごとに変わりつつあります。

60代は健康であれば、まだ食欲もあり、色々と珍しい料理を頂くのが1つの楽しみになってきています。

アンティークの器で食べるわが家の手料理も自慢じゃないけれども、美味しいのですが、

やはりフランス料理の絶妙な味や創作料理は、食材を揃えるだけでも大変です。

何より自分で作らなくてもよいのが嬉しいです!

モノリス(MONOLITH)なかなか評判が良いお店です。

平日でも、満席近く、フランスで修行を積んだシェフの創作料理は見た目も美しい。




P1100116

P1100121



お店の看板メニューは新三種の神器パイ包み焼き

複雑な味と食材の多さに、一言では語れない。

P1100127



豚肉リエット入りクジュール・フォアグラのポワレブリオッシュ~~

トウモロコシのジュレや自家製のレモンジンジャーケーキ、マンゴプリンはさっぱりとして

この時期おすすめです。

その他、マカロンや生チョコ、プチケーキなどがトレイにのって出てきます(*^_^*)




Photo


最後にシェフのはからいで、ほっぺが落ちそうな桃仕込のデザート

もう。。幸せ。。。ご馳走様でしたm(__)m

P1100130





帰路、渋谷駅のハチ公前で、都知事選候補の小池ゆりこさんの街頭演説に遭遇

突然走り寄って両手で握手を求められた。

予期せずサプライズにビックリw(゚o゚)w

「頑張ってくださいね」。。。とエールをおくる


小池氏、テレビで見るより、意外と小顔でした!





P1100142




これから投票日までよく考えて、都民として一票を投じます。


2016/07/15

トワル・ド・ジュイ展

渋谷、東急本店横のBUNKAMURAザ・ミュージアムで開催されているトワル・ド・ジュイ展に行って来ました。

このジュイ展、6月14日から、会期中無休で開催されていたのですが、気になりながらも

なかなか行く機会がなく、昨日ゆっくりと鑑賞して参りました。

ジュイの布をはじめて見たのは十数年前、フランスのオペラ座の近くの英国屋の壁紙。

壁一面に赤いプリントの田園風景のモチーフが描かれて、このプリント画は?

その後、フランス、イギリスの買付けで、同じモチーフの布が売られているのを見て、

これがフランスで生まれたコットンプリント、トワル・ド・ジュイであることを知る。

そして、牧歌的な風景や草花や鳥など、絵画のように優雅で繊細な美しさに思わず魅了されて、

当店でも布やカーテン地など沢山のジュイをご紹介して来ました。

ジュイの布は18世紀にドイツ出身のプリント技師クリストフ・オーペルカンプ(1738-1815)が、

フランスのヴェルサイユ近郊のジュイ=アン=ジョザスで産み出された西洋更紗です。

2015年にはオーペルカンプの没後200年を迎えたトワル・ド・ジュイ美術館の全面協力を得て

今回日本国内ではじめて開催されました。



P11001382



ジュイの布はマリー・アントワネットの時代と重なり、あのアントワネットもジュイの布を愛し心を癒されました。


  王妃がシルクではなく、コットンを

  織物ではなく、プリントのドレスを選んだことは革命的な驚きでした。



P11001372




パンフレットの上部のジュイの布「お城の庭」にはアントワネットが描かれています。

指差す女性の隣がマリー・アントワネットです。

そして、マリー・アントワネットのドレスの断片が今回特別出品されています。

現在はブックカバーとして保管されています。

リボンと鳥と花籠の1780年頃のジュイの布です。


Dscn0787




木版から銅板へジュイの世界が広がります。

そして、いまなお多くの人々に愛されているジュイの布。

 



2016/07/11

さわやか ライフスタイル

暑中お見舞い申し上げます。

半期に一度の夏のセールには沢山のご注文ありがとうございました。

お蔭さまで大分在庫も減り、来月到着予定の大量の商品のスペースも確保できたのではと喜んでいます。


梅雨明けもまだなのに、この暑さ、これから先の本格的な夏が心配です。

少しでも清涼感を味わいたいと思っている貴方へ。。。

さわやかな、夏のライフスタイルの提案です。

次回はフランスの白いお皿やジャグ、そして、いつだって涼しげで心ときめくレース。

今回は、随所で、アンティークレースの出会いがあり、しかも手仕事の素晴らしいレースです。

アンティークレースはレース戦争と言われるくらい、ヨーロッパの歴史と深い関わりがあります。

16世紀に冨と権力の象徴として、男女共用のものとして出発したレースが、意図せず、

いつの間にか、乙女心のシンボルと化していきました。

女性が女性であり続ける限り、ロマンチィックな手作りレースは、いつか自分のためだけに存在して、

女性の心を捉えて離さないものであり続けるような気がします。




1607antiquecoolitems2



只今、セール最終日の駆け込みオーダーもあり、

梱包、発送の作業と平行して更新の準備をしております。

今週の半ばには新商品アップの予定です。

よろしくお願いします。



2016/07/08

ロイヤル・コペンハーゲン本店

2日目のロイヤル・コペンハーゲンの本店

メインストリートの中でもひときわ目立つルネッサンス様式の建物。

風格があります。

伝統的な柄のブルーフルーテッドのC&S、ディナーセットのフローラダニカや

若手デザイナーによる最新作まで、ゆっくりと見たい店内です。




P1100013




旅行書には、おすすめは地下のセールコーナー。

B級品が20%~70%OFFで売られていると書かれている本もありますが、

まったくでたらめで真意ではありません。

スタッフの女性に聞けば、年に1回郊外の工場でバーゲンがあるとのことです。

日本人のスタッフも常勤しているので、わからないことがあれば教えてくれます。

ロイヤル・コペンハーゲンはブルー系が主流ですが、こんな赤いフルーテッドもあるのですね!

お値段はDKK(デンマーククローネ)1500で、日本円に換算すると3万円弱です。



Dscn01222



こちらは若草色のフルーテッドのディナープレート

ランチョン・マットも多肉植物もグリーン系でセンスバッグン。



Dscn01252
Dscn01262
Dscn0128
Dscn0129_2




各所でテーブルウェアのディスプレイが楽しめます。

そして、素敵なテーブルセッテングのコーディネートはとても参考になります。




2016/07/05

ロイヤル・コペンハーゲン




北欧を代表するショッピングストリート ストロイエ

世界の一流ブランドをはじめ、ロイヤル・コペンハーゲン本店が並ぶメインストリートです。

創業1775年 ルネッサンス様式の外観、お隣はデンマーク、スウェーデン王室御用達のショージ・ジェンセン。

シンプルながら品格が漂う銀器は、洗練されたデンマークデザインのシンボルと言えます。

店内の女性スタップに案内されて、素晴らしいアンティークのシルバー製品の数々を堪能。




Dscn0051




ロイヤル・コペンハーゲンは2日目に店内をゆっくりと見学。

一日目は店舗の中庭にあるThe Royal Cafe 「SMUSHI」でティータイム

いかにもハイクラスのティールームでしたが、ここまで来て写真だけじゃつまらない!

白を基調とした内装はどこかフェミニンでかわいらしい雰囲気。

インテリアはデンマークデザインにこだわっていて、イスはヤコブセンのアントチェア、

天井にはホルメゴーのガラスのシャンデリアなどが飾られていた。




Royal_smushi_2

Dscn0059_2


大きなサイズの絵画が2枚、Cafeにしてはちょっと珍しいインテリアだが、

やはりロイヤル カフェにふさわしい!




Dscn0061

Dscn0064



スムシとは?

スモーブローに寿司のセンスを取り入れたというSmushiは小さなプレートで出されるオープンサンド。

人気のSmushiは売れきれ(ノд・。)

スイートなケーキをオーダーして、テラスでお茶を楽しむことに~。

テーブルウェアはすべてロイヤル・コペンハーゲンを使用しています。

揃っていなくてもブルー&ホワイトのバランスがさわやかでココチイイ。





Dscn0058_2Photo

2016/07/02

Special Saleのお知らせ

梅雨末期の晴れ間ですが、日本独特の蒸し暑さです。

しばらくは、この暑さ続きそうです。

冷たいかき氷食べたい気分です(^^ゞ

半期に一度のサマーセールには沢山のご注文ありがとうございます。

セールは7月10日迄です。

あと、一週間余りとなりますが、終了間際のお得なスペシャルセールのお知らせです。

8月にはイギリスからたくさんの買付け商品が到着します。

その為の保管場所の確保と、商品も在庫が長くなりますと、状態の管理もだんだんと難しくなります。

そのような理由で、ニューアイテム(New items)以外の各メニューの全ての商品を値引き後の価格から

さらに50%(半額)にお値引きします。1点でも対象になります。

ご注文は、随時受付となりますが、7月10日には終了させていただきます。

よろしくお願いします。

暑い時期ですが、皆さんのご来店をお待ちしています。

                              http://8trees.life.coocan.jp/

Line_square_n_1206kabesi


Flower1002_2




2016/07/01

7月だよ!

6月30日はハーフタイムデー

今年も残すところあと半分。

年を重ねるごとに時間がたつのがなんて早いこと。

ついこの間旅支度をしていたなんて思っていたのに、

いつの間にか7月になり、日本の暑い夏に突入です。

まだ、梅雨明けもしていない空を見あげながら、夏のこと、初秋のことを考えています。

そんな折

毎日、どこからか届くメールを開け、同じように感じている人がいて、思わず笑ってしまった。

毎年思うことですが、年を重ねるにつれて

時間がたつのがなんと早いこと…。

そこで、80歳の祖母は時間をどう感じているのか聞いてみたところ、

「私は1日を濃く大事に生きとるけん、早く感じんばい。」と言って、

せんべいを食べながら居眠りしていました。

いい言葉だったのに、台無し!

高齢者になれば毎日がそんなもので、かたいせんべい食べながら居眠りできるのは

幸せなことですよ(o^-^o)

だって!歯が丈夫なんでしょう!それとも入れ歯?

どちらにしても居眠りができるのは、健康なあかし。

7月も蒸しあつい暑さに負けず元気で過ごしましょう!

今月もよろしくお願いしますm(__)m








コペンハーゲン~オーデンセに向う車中・・・途中で止まったり、動いたり、とんでもない電車でした。それ以外はとても海が美しかった!


P11000833_2







« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ