« ロイヤル・コペンハーゲン | トップページ | さわやか ライフスタイル »

2016/07/08

ロイヤル・コペンハーゲン本店

2日目のロイヤル・コペンハーゲンの本店

メインストリートの中でもひときわ目立つルネッサンス様式の建物。

風格があります。

伝統的な柄のブルーフルーテッドのC&S、ディナーセットのフローラダニカや

若手デザイナーによる最新作まで、ゆっくりと見たい店内です。




P1100013




旅行書には、おすすめは地下のセールコーナー。

B級品が20%~70%OFFで売られていると書かれている本もありますが、

まったくでたらめで真意ではありません。

スタッフの女性に聞けば、年に1回郊外の工場でバーゲンがあるとのことです。

日本人のスタッフも常勤しているので、わからないことがあれば教えてくれます。

ロイヤル・コペンハーゲンはブルー系が主流ですが、こんな赤いフルーテッドもあるのですね!

お値段はDKK(デンマーククローネ)1500で、日本円に換算すると3万円弱です。



Dscn01222



こちらは若草色のフルーテッドのディナープレート

ランチョン・マットも多肉植物もグリーン系でセンスバッグン。



Dscn01252
Dscn01262
Dscn0128
Dscn0129_2




各所でテーブルウェアのディスプレイが楽しめます。

そして、素敵なテーブルセッテングのコーディネートはとても参考になります。




« ロイヤル・コペンハーゲン | トップページ | さわやか ライフスタイル »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ