« ロマンチックな夢物語 VOL2 | トップページ | 日本の物つくり »

2016/09/02

日立目白クラブ物語

一年に一度会う七夕会、毎年9月の第一金曜日と日程が決まっています。

今年は目白の「日立目白クラブ」でのランチの食事会となりました。

某銀行で一緒にお仕事をした仲間の集まりです。

ここのクラブは日立グループ企業の福利厚生施設として利用されているクラブハウスなので、

普通は利用できない建物ですが、幹事さんに知り合いがおられ、

閑寂な目白のアール・デコ様式の建物でお食事をすることができました。

この日立目白クラブは昭和史の足音が聞こえてくるような情緒たっぷりの場所です。

山手線の目白駅を出て、目白通りを西へ数分。

左に折れると閑寂な一帯へと入っていく。

家の大きさと言え、正真正銘の邸宅街。

少し歩くと道の真中にしめ縄をめぐらせた古木が立っている。

かって近衛公爵邸があった所ですって!




Dsc_0115_2


Dsc_0116_2






迂回しさらに進むと、突き当たりに大きな門と白い建物が見えてくる。

クラシックな建物なのに、明るく軽快な印象。

上部を半円アーチに切った細長い窓が階段状に並んでいる。

スペインやメキシコなどに見られるスパニッシュ様式です。



Dsc_0137




1926年学習院高等科の寄宿舎として、3年がかりで建設された「昭和寮」は

イギリスの寮制度、とりわけ上流階級の子弟校として名高い英国イートン校の寮を

模範として建築されました。

邸内は随所にアール・デコの装飾が見られます。



Dsc_0122


Dsc_0126_2

Dsc_0127_2

Dsc_0120_2

Dsc_0131_2


最後に、おもてなしのテーブルセッティングも素晴らしいものでした。



« ロマンチックな夢物語 VOL2 | トップページ | 日本の物つくり »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ