« 日立目白クラブ物語 | トップページ | 2つのスタイル~ソーイングスタンド »

2016/09/05

日本の物つくり

残暑はきびしいですが、なんとなく秋めいて来た昨今です。

そろそろ夏の疲れが出て来る頃です。皆さんもお体ご自愛くださいね。

9月は新商品週一ペースで更新していく予定です。

今月もよろしくお願いします。m(__)m

.

さて、先日訪れた「日立目白クラブ」でのお食事会

ランチですが、かなり上質なテーブルウェアが使われていました。

お食事中にプレートの裏のマークを見るわけには行きませんが、

カトラリーはマジマジと見てしまいました。



Dsc_01332





仕事柄、お料理よりも関心があり、クラブの案内人の従事さんにお尋ねしたところ。。。

やはりいいお品でした!

フレンチ、イタリアンレストランも時折行っておりますが、フォークやナイフはどこも比較的

シンプルなものが多く、こちらは只者ではないと思っていました。

ノーベル賞の晩餐会で使用されたカトラリーとして有名な新潟県燕市にある

工場のカトラリーでした。



Img_708847_33149118_1300x170                              画像はwebから拝借



       

世界に誇れる技術をもつ日本製品は世界中で信用されています。

日本人だから出来る「ものつくり」これからも絶やすことなく守っていきたいですね。

一年ぶりの再会に話がはずみ、お料理のお味は?

料理は半分は器で食べるもの。。。と思っている わ’た’し’ですが。。。

上品なお味でした。

ご馳走さま 



1

2

« 日立目白クラブ物語 | トップページ | 2つのスタイル~ソーイングスタンド »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ