« 帰国のご挨拶 | トップページ | baby bed cross »

2016/10/06

逸品を愛しむ

いつの時代でも「良いものは良いということ」を年々感じている私です。

勿論お客様も同じ気持ちでしょう!

納得のいく逸品を愛でたい気持ちに押され、随分遠くまで足を伸ばして、一つ一つセレクトして来ました。

思っているものが、確実に見つかるあてもない買い付けですが、

希望のものが見つかった時の感動はひとしおです。

イギリスは早くもクリスマス用品が販売されています。

フォートナム&メイスン本店の扉をあければ、真っ赤な缶に入ったクリスマスティーが目にとまります。


また、今年は渡英の時期が少し早まったのでチェコガラスの買い付けは無理と思っていましたが。。。。

意外な展開となり、

チェコガラスツリー&アクセサリー40点ほどゲットしてきました。

キラキラ輝くチェコガラスツリー

早いもので、ことしもそんな季節になりました。




161006blog2






週明けごろから、準備が完了した商品から順次更新の予定です。

メルマガ会員の皆さまには、事前にお知らせしますので宜しくお願いします。








« 帰国のご挨拶 | トップページ | baby bed cross »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ