« 旅のかけら(秩父 長瀞の旅2) | トップページ | 10月下旬(更新) »

2016/10/23

ロンドンで感動したこと

帰国が近づいてきた日曜日、気持ちの良い朝を迎え、ホテルの窓から見る空は、雲ひとつない青空。
 
午前中はハムステッドのアンティークマーケットに出かけ、お目当てのジュエリーをゲットして心は満たされ、
 
カフェでカプチーノとサンドイッチを食べた後、
 
隣の席のおじさんの「今日はハムステッド・ヒースは気持ちがいいよ!」の言葉に、
 
それもいいかな。。。と思って丘に向かって歩き始めたけれど、あの丘はなだらかそうに見えて結構きつい事を思い出し、
 
宿泊ホテルの近くのハイド・パークを横断することにした。
 
ピカディリー線のグリーン・パーク駅で下車、グリーンパークを横断してハイド・パーク・コーナー駅まで歩き、

クィーンエリザベスゲートから池の右側の乗馬道を歩くことにした。
 
池の左側は「ダイアナ皇太子妃記念の泉」があり、少し西に行けばケンジントン宮殿やガーデンがあり、観光客も多いです。
 
池を横断する橋のたもとには博物館パーク・カフェがありますが、その先は細いハイキングコースになっていて、

手つかずの広大な自然が残されています。





Dsc_0259


Dsc_0283
 
 
 
道すがらにヘンリー・モア作の大きなオブジェ「アーチ」があります。
WELCOME TO HENRY MOORE'S 「THE ARCH」



Dsc_0281



Dsc_02722
 




ここがロンドンの中心とは思えない自然が残されています。
 
広大な野原は手入れされないままの姿で、なんとなく故郷にかえったようでほっとします。
 
もし、東京の真ん中にこんな土地があったなら、すぐに建物が建ってしまうでしょう!
 
ロンドンは市民の憩いの場が沢山あり、公園も多いです。
 
地方に行けば、カントリーサイドの景観美は、ただ単に初めから存在していたのではなく
 
「ナショナル・トラスト」という市民の手によって保護されている場所が多いです。
 
 
皆さんもロンドンを訪れた時には、心にのこる素敵な場所を見つけてくださいね。





 

« 旅のかけら(秩父 長瀞の旅2) | トップページ | 10月下旬(更新) »

season」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ