« baby bed cross | トップページ | 出会い(結ばれた糸) »

2016/10/09

Windsor

連休も雨模様のお天気です

ようやく仕事のエンジンが始動。。。

昨日は買い付けでお待たせしておりました大きな刺繍絵画2点発送しました。

当店は、熱心な男性のお客様も多く、長年ご愛顧いただいています。

この方も男性で、都内渋谷の美容室のオーナーさんです。

店内には当店でセレクトして頂いたお品がディスプレイされているとのこと、嬉しいですね!

このほど改築された店内、ガラス窓を通して、歩行者からも見えるそうです。

大きな絵画がヘアーサロンに来られたお客様の憩いの場になることを願っています。



さてさて、記憶が鮮明なうちに旅のカケラお伝えしますね(o^-^o)

私の場合、ロンドンの常設のアンティークマーケットにはあまりいきません。

ロンドンから行く田舎町の新しいマーケットの開拓、

もしくは地方で宿泊して大きなフェアでの、シッピング会社に依頼しての買い付けを主にしています。

今回もwindsor(ウィンザー)からかなり遠い場所のマーケットに行って来ました。

英国の情報サイトで小さく掲載されていた蚤の市ですので、当り、はずれはあります。

しかし、何だって行かなければわかりません。

幸運と言うか?自然に定まった運命的なものなのか?

天はわたしにいつも味方してくれます。

ウィンザーのセントラル駅に到着すると、前方に現在使われて王室の居城としては、

世界最大級を誇るウィンザー城が見えます。

私はこの町に2回訪れていて、町を見下ろすように建つウィンザー城(windsor castle)は

900年の歴史がある由緒ある城です。

近くにはパブリック・スクールの中でも英国随一の名門校として知られたイートン校があり、

過去に18人の英国首相を輩出。

現在も12歳から18歳までの1000人以上の生徒がこの学校で学んでいます。

ウィンザーにはセントラル駅、リバーサイド駅の2つの鉄道駅がありますが、どちらも町の中心部に近いです。

セントラル駅の構内にはありし日に女王陛下が乗車されたクィーン号が飾ってあります。





161008blogwindsor_2






アンティークマーケットは中心部からかなり離れているロイヤルレース場の敷地内にあり、入場料は£5

帰路、本線の道路までテクテク歩いているとおばちゃんが運転している乗用車が突然止まり、スマホで写真を撮ってくれた(*^-^)

一人旅は、後にも先にもこの1枚だけで、掲載するのは躊躇しますが、

今回の旅で、年齢を意識するのは、どうも私を含め日本人の悪い習慣のように思えたので、ちょこっと載せました(^^ゞ



それでは、皆さまも良き連休をお過ごしくださいネ。




« baby bed cross | トップページ | 出会い(結ばれた糸) »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ