« 小春日和 | トップページ | 休業日のお知らせ »

2016/11/08

11月の花束

暦の上では立秋をすぎて、紅葉も進み一段と寒くなりました。
 
本日新商品更新しました。
 
宜しくお願いします。
 
 
前々から気になっていたお花屋さんに散歩がてら行ったものの、
 
思っていたよりも遠く、歩数計を見たら1万歩を超えていたw(゚o゚)w
 
地図を片手にやっとたどり着いた先は、素敵なアンティークが似合う花屋さんでした。
 
オーナーさんがセレクトしたお花がシャビーなホウロウやブリキのバケツによく合っていま
す。
 
 
Dsc_0410





薄暗くなった夕方は、お店の灯りが童話のおうちのようにあたたかく、
 
ぼんやりと輝き、いつまでもそこに佇んでいたい気持ちになります。
 
板橋から来店された男性は、夜のこの風景が好き。。。と

私が帰る時もまだお店におられました。
 
都心から離れたこの町の意外な路地裏のパリぽい風景
 
窓越にこぼれるキャンドルの灯りが美しい!
 
 
 
Dsc_0415
 



オーナーさんから教わったユーカリのリース
 
我が家のベランダにもユーカリの鉢植えがあります。

今年のリースはこれで行きましょう。。。と
 
帰路はハッピーな気持ちになりました。
 

Dsc_0412

 
 
 
 

 

« 小春日和 | トップページ | 休業日のお知らせ »

antique」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ