« 最近のこと | トップページ | 骨董市リポート11月 »

2016/11/18

過去からの贈り物

すっかり晩秋の風景になりました。
 
11月ですが、時間がたつのが早く気ぜわしいです。
 
最近は手抜きもいいとこ、まあこれでいいかと、深く追求しなくなり、
 
丸くなったと解釈するかは少し意味違いです。(-_-)zzz


今週は少なめの更新となりましたが、フランスの20世紀初頭のミニアチュール絵画など
 
人気のお品4点をまとめてアップしています。
 
アンティークの買い付けでは美しい女性の肖像画があらゆるモチーフに描かれています。
 
そして、ポートレート入りのお品はどれもお高いです。
 
どうしてそんなにお高いの?


Dsc_0188

 

Dsc_0185




高いものは手描きの一点物であったり、
 
ちょっとお値段が下がると40年~50年代のプリント画やお土産用に大量生産されたものが
あります。

後者が値打ちがないわけではなく、希少価値の違いによって高くも安くもなります。
 
物にしても、歴史にしても過去がなければ未来もないわけですから、

過去からの贈り物、すなわち人の手によって受け継がれ残されているものは
 
大切にしなければと思います。




 

« 最近のこと | トップページ | 骨董市リポート11月 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ