« ヴィクトリア朝のクリスマス | トップページ | 今週の更新について »

2016/12/14

クリスマス プディング

本日新商品更新しました。
 
お忙しい時期ですが、よろしくお願いします。
 
1日1日とカウントダウンの日々ですが、日常に特別な変化はありません。
 
でも、この焦りに似た気持ちはやはり師走ならでは。。と思います。
 
我が家では、クリスマスから年の瀬にかけて、2組の息子のファミリーが上京します。
 
すでに数日前には海外在住の息子の家族は帰国しました。
 
そん訳で随分と会っていない小さな孫怪獣がやって来ます。
 
好奇心旺盛の孫、椅子に乗っかって高い引き出しも開けると聞いて、今から対策を考えています。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
 
こうなれば、食べ物で釣るしかないと思い、クリスマス プディングでも作ろうと。。。
 
日本ではクリスマスにはケーキを作りますが、イギリスのクリスマスに欠かせないのは
「クリスマス プディング」
 
一般に普及したのはヴィクトリア朝時代



36532



すでに16世紀頃から作られていたが、1640年代の清教徒革命時代、
 
神聖なクリスマスを騒がしく過ごすことは道徳に反するとされ、クリスマスプディングは作ることも食べることも禁じられていました。
 
しかし、ヴィクトリア女王がイギリス王室のデザートとして採用したのがきっかけで復活
 
やがて庶民の食卓にも広がり、現在はデパートで買う人も増えたものの、母から娘へと多くの家庭で

オリジナルレシピが大切に受け継がれている、イギリスの古き良き時代のお菓子です。



Dscn3756_2



10月に買って来たフォートナム&メイソンの2016年のクリスマスティー
 
Walkersのクリスマスプディング、こちらは日本でも売っています。
 
こちらのプディングは小分けにお皿に載せてアイスクリームとフルーツを添えると
 
一層美味しくいただけます(一口メモ)
 


« ヴィクトリア朝のクリスマス | トップページ | 今週の更新について »

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ