« 大寒波到来~私は | トップページ | アンティーク屋の冬暦 »

2017/01/21

19世紀のフランスからの手仕事

恒例のセールにはたくさんのご注文ありがとうございます。
 
お蔭さまで沢山のお品が大切にしてくださるお客様の元に嫁ぎました。
 
皆さんとても喜んでくださって、私も気持ちよく2017年がスタートできました。
 
来週からはマイペースで新商品アップしていきますので宜しくお願いします。


 
次回ご紹介のアンティーク、とても古い時代のお品が数点あります。
その1、1800年後期のカルトナージュキャビネット、フランスのブロカント雑誌にも時々掲載されているアイテムですが、
アンティークフェアでも大人気で、すぐに売れていきます。
 
私も1度はまじめに考えて手にするのですが、引き出しの取っ手が取れていたり、
カルトナージュの布がオリジナルでなく新しいものであったり、あまりすっきりといたしません。
 
躊躇して諦めたお品と同じものが、他のネットサイトで販売されてSOLDになっていました!
店主のブログではフェアの場所は違ったようでしたが、同じ業者さんだったようです。
早くいえば、それだけ人気があると言うことです!!!
 
昨年の10月に買い付けたキャビネット、すべてオリジナルで、まったりマットな古さがたまらなく魅了です。




Dscn40952

アンティークレースの相性もバッチリです。


Dscn4104



その2、今までご紹介したピンクッションの中で最も古い時代のものです。
何重にも重ねられたドレスの布地、柄も雰囲気もフレンチらしいです。
 
昔のピンはこんな具合だったのですね!ハットピン?付きのオリジナルクッション
そこに50年代のハーフドールを付ければポンパドゥール夫人の様相に。
店主のアイデアらしいのですが、頭イイネ!





Dscn41302_2

Dscn41412


それでは皆様、近日中にアップします。
 
良き週末をお過ごしくださいませ。




 

« 大寒波到来~私は | トップページ | アンティーク屋の冬暦 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ