« ちょっぴり可愛いものセレクト | トップページ | すみれ祭り(スミレの砂糖漬け) »

2017/02/07

すみれの花に思いをよせて

立春もすぎ、春が少しずつ近づいているような予感がします。
新商品更新しました。
待ち遠しい春を前に、ちょっぴり可愛いお品をセレクトしています。
立ち寄ってご覧になってくださいねm(__)m
 
 
 
先週末ポカポカ陽気に誘われて

フランスの小さな村トゥーレット,シュル・ルーのすみれ祭りに思いを馳せて~
 
ことり花店の「すみれの花の砂糖づけ」のイベントに行ってきました。
 
センスあるオーナーさんの花選びとすみれの花の香りに包まれて
 
私のこの日の物語はここから始まります。



 
Dsc_05992
Dsc_06032
Dsc_0602




この場所で、色々な作家さんと出会いました。
 
個性あふれる作品に思いをよせて、通う人たち、、、
 
作品を求めて早朝からお店の前に並ばれたようです。



ぬくもりを感じる優しい動物たちやドール、すべて完売しておりました。
 
知人の男性は、ディスプレイされているドールの手触りのぬくもりを感じながら帰りたいと。
 
最初は変なひと?と思いました。
 
しかし、わかるのです。その気持ち。。。
 
私たちはゆとりのない社会に翻弄され人のつながりだけでは癒されない部分をたくさん抱えていることを。
 
つづく。。。


« ちょっぴり可愛いものセレクト | トップページ | すみれ祭り(スミレの砂糖漬け) »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ