« すみれの花に思いをよせて | トップページ | 世界遺産 ラスコー展 »

2017/02/08

すみれ祭り(スミレの砂糖漬け)

南フランスのトゥーレット・シュル・ルー(Tourettes-sur-Loup)で毎年2月に開催されている
「すみれ祭り」は民族衣装を身に着けた人々が集まり、
スミレなどで飾られた山車が村を練り歩き、村中がスミレの花々で飾られる。
 
祭りの期間中はスミレの花で作られたお菓子やアイスクリーム、クレープが食べられるマーケットが開かれ、
多くの観光客が訪れるそうです。


 
「すみれの砂糖づけ」と言えば1786年ウィーン ハプスブルク家 ゆかりの地で生まれた
 
「デメル」が有名ですが、最近では日本でも手作りされる方がいます。
 
先日の「コトリ花店」のイベントでも砂糖菓子が並んでいました。
 
もちろん私も購入しましたよ!





Dsc_0605
 
Dscn4665




家に帰って紙袋を開けてみたら、スミレのカードが添えられていた。

素敵なこころのメッセージ
 
言葉って難しいですよね!
 
自分の思っていること、素直に相手に伝わるとは限りませんものね。
 
だからと言って話さなければ伝わらないことも。。。
 
言葉って複雑ですね!

゜・。。・゜すみれ祭りに想いを馳せて゜・。。・゜


 

« すみれの花に思いをよせて | トップページ | 世界遺産 ラスコー展 »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ