« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017/04/29

パリの蚤の市

パリにはいくつかの大きな蚤の市があります。
大きな蚤の市はクリニャンクール、ヴァンヴ、モントルイユですが、
いずれもパリの東西南北の端にあります。
 
これは19世紀後半、パリの都市整備が施行された際、退去命令を受けた廃品回収業者たちが、
当時の境界線であった城壁の門の外側に集まり、露天商となったのが蚤の市の起こりだそうです。
市の立つ場所にPorre(門)の名がつく場所が多いのはそのためです。
 
パリでは毎日どこかで朝市や小さな蚤の市が開かれています。
今回は一度は行ってみたかったアリーグルの蚤の市に行って来ました。
平日にも開催されているので、雰囲気だけでも味わいたい人にはおすすめです!
 
はっきり言って古着、古本、古い写真、食器、おもちゃなど、野菜と果物がが並ぶマルシェと隣接しているので、
買い付けや良いものを探すには期待薄ですが、
最寄りのメトロの駅からもわりと近く、広場周辺にはカフェやパン屋さんもあるので、
パリジェンヌを見ながら朝食、ランチを楽しむことができます。
 
私もホテルの朝食はとらずに、マルシェで隣の男性に便乗してマンゴの試食、1個分ちゃっかり頂いてしまいました。
その男性5個も買ったのに。。。ムッシュー  ごめんなさいm(_ _)m


 
Dsc_0766
 
Dsc_0771
 


何だか男衆が集まって異様な光景???
 
業者が開ける段ボールの箱を待っているのです。
 
開梱したとたんに取り合いになっていました!
 
しばしこの光景を隙間から眺めていたけれども、欲しいものなかったけど???

Dsc_0769
 
Dsc_0764




でも、キョロキョロと掘り出し物を探すのも蚤の市の楽しみです。 (^◇^)
 
GW突入です

さわやかな季節の中、皆さまも楽しいGWをお過ごしくださいね!



 

2017/04/27

パリへ

 
久しぶりの更新となります。
帰国後まだ疲れもあり、少なめの更新となりますが宜しくお願いします。
 
記憶が鮮明なうちに、旅の報告を続けることにします。
 
北フランスからパリに移動
ノートルダム寺院、セーヌ川。。。
セーヌ河畔ではブキニストと呼ばれる古本屋が、
いつもと変わらず私たちを迎えてくれます。


 
P11005932

P1100600

 
P1100603
 



パリには5日間滞在して、クリニャンクールやパリの蚤の市、ブロカントを廻りました。
 
一番感動したのはヴェルサイユ、
広大な庭園とばら色の大理石で装飾されたグラン・トリアノン
マリー・アントワネットの別荘プチ・トリアノン
こちらもアンティークのバイブル的存在。
ヴェルサイユを効率的にまわる方法またお教えしますね!




 

2017/04/26

ビスケットウォーマー

ヴィクトリア時代、暖炉の前においてビスケットを温めたり、
ガーデン・ティーパーテイでのお客様のおもてなしに使われたビスケットウォーマー
イギリスのアンティークフェアではなかなか見つからず、やっとご縁がありました。
 
アフターヌーンティーはヴィクトリア時代に急速に広まり、
それまで貴族や上流階級のお茶を愉しむ習慣が中流階級に広まって行きました。
 
貝の形の蓋を開くと中蓋とともにディッシュが左右に広がります。
さらに美しいピアス加工の内蓋を開けるとゴールドギルドのお皿が豪華です。
 
 
 

Dscn5998

Dscn60043

Dscn6008

 

テーブルアレンジメントがいっそう華やかになります。

明日ご紹介します。

 

2017/04/24

腹が減っては軍はできぬ

フランス語も話せない、英語もパリとは違い通じない旅先では、
どうしても食事がまともに取れないのが実情です。
 
幸い宿泊した北フランスのホテルでは朝食がついていたので、
ランチの分までしっかり食べたつもりが、やはり時間が来れば、お腹が減る。
朝食のクレープ、ハムやチーズ、ジャムなどを挟んで頂いたらかなりグーでした。
 
前日アミアン入りしたこの街、大聖堂の北側には小さな運河が流れ、
カフェやレストランが軒を連ね、楽しめる一画です。




Dsc_0654
 
Dsc_0692
 
Dsc_0694
 
Dsc_0690


Dsc_0697
 
Dsc_0702


今週、少しですが更新の予定です。



 

2017/04/23

町の片隅で~癒されて

フランス最大の規模を誇る大聖堂
 
美しい彫刻やレリーフはどれも見逃せないアンティーク最良の教科書
 
泣く天使に心が揺れる!
 
 
 
Dsc_06742_2
P1100447_2

ベルギーにほど近い田舎町のブロカント
 
軒先で出迎えてくれたお昼寝中のワンコちゃん
 
店主はのんびりとテラスでランチ
 
中に入るとフレンチアンティークが山積
 
 
Dsc_0777_2
 
Dsc_0778
 
Dsc_07802_2
 
Dsc_0781_2
 

長くアンティーク屋をやっていると、目が肥えてしまい
 
以前とびついた物が新鮮に思えなくて‼
 
それでも欲しいと思う物は必ずある。
 
ここで出会ってしまったナポレオン三世のトレイ付きカップset
 
なんと天使柄w(゚o゚)w
 
さらにパリのブロカントのお店でも花柄が。。。
 
遠くまで行った甲斐あり(*^-^)
 
こちら船便で~す。
 
ご紹介は少し先になりますm(__)m
 
 
 
 

2017/04/22

買い付けより帰国

買い付けより帰国しました。
2週間余りのフランス、イギリスの買い付けの旅は滞在中、
ずっと晴天に恵まれたお蔭で素敵なアンティークの出会いがありました。
前半のフランスでは気温24、5度と暑く、それでも湿度が低く汗もかかず快適でした。
大きな北フランス、アミアンの大蚤の市は町中がブロカント市になり、
早朝7時前から10時間余り歩き続け、足が棒になるとはこのことだと思います。
一日前にアミアン入りしたので、同じ通りを歩くこともなく、スムーズに廻ることができました。
 
その後、フランスの田舎町のブロカント屋を回り、パリ入りしました。
数日前に事件が起きたパリですが、シャンゼリゼ大通り、ルーヴル、マレ地区にも行きましたが、
なんてたって素晴らしかったのはヴェルサイユ宮殿の庭園とマリー・アントワネットの離宮でした。
ヴェルサイユは三回目の訪問です。
 
後半イギリスに渡ってからはプライベートな時間はなく、四か所のホテルを転々として
毎日アンティーク探しに奔走。
気温は13度前後でフランスと比べれば少し寒いくらいですが、毎日快晴で気持ちよく
歩いた歩数は2万歩を超えた日も数日ありました。
 
ホテルに帰れば、次の日の朝が早いこともあり、疲れてブログも書けませんでした。
写真も沢山撮ってきています。
これからおいおい書きとめて行きますので、とうぞ旅先の雰囲気を少しでも感じとってください。
 
 
北フランスにてsun
 
 
Dsc_0693


Dsc_0664
 
 
Dsc_0700
 
 
P1100485


Dsc_0708




2017/04/17

南イングランドへ

明日から南イングランドの町に移動
最後の大きなアンティークフェアです。
頑張って探します。


Dsc_0749_2

P1100770




イースター

イギリス中部の大きなアンティークフェアも終わり今日はイースター(復活祭)
私は口ンドンよりー時間余りの町Biggleswadeの町に来ています。
色々と見つけて日本に持って帰ります。


Dsc_0796_6

Dsc_0812
Dsc_0793_2

Dsc_0787

2017/04/15

町中がブ口カント

北フランスの大きなアミアンの蚤の市
あちこちにフレンチブ口カント

シャビーぽいフックや取っ手、ドアノブ、ホルダーなど、

こだわると楽しいパーツの世界です。

あるところにはあるものだ!

Dsc_0715_3

Dsc_07132



2017/04/14

買い付け先から

今日フランスからイギリスに移動しました。
フランスでのー週間は晴天に恵まれて、毎日あちこちを廻りましたが丶
北フランスでは英語が通じなくて、苦労しました。
日中は暑くて疲労で、旅の報告もできず申し訳ありません。
又帰国後にゆっくりとお話しますね。
北フランスの美しい町と大きなブ口カント市です。




Dsc_0658

Dsc_0698

Dsc_06612



2017/04/05

ショップお休みのお知らせ

見ごろの桜。。。十分に堪能しました。
 
新たな出会いを信じて買い付けに行って来ます。
 
お休み中はご不便おかけしますが、宜しくお願いしますm(__)m



170405

2017/04/03

春爛漫

予想より早い東京の花暦、見ごろを迎えています。
 
ちょっぴり肌寒い気がしますが、日本を離れる頃はぐっと気温も上がるようです。
 
今回の買い付けは広範囲の旅となり、準備も荷物も大変ですが、
 
一生懸命、素敵なお品探して来ようと気合も入っています。
 
ヨーロッパの作今は日本より暖かいようです。
 
花々が咲き、これからいい季節を迎えます。




Pict00112_2



 
買い付け中も余裕がありましたら、

ブログで旅の様子をリアルタイムでお届けしたいと思っておりますが、

地方はアンテナが少ないため配信できない場所や、

Wi-Fiの環境が難しい場合もありますので、その点はよろしくお願いします。



« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

antique shop 8trees

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ