« 南イングランドへ | トップページ | 町の片隅で~癒されて »

2017/04/22

買い付けより帰国

買い付けより帰国しました。
2週間余りのフランス、イギリスの買い付けの旅は滞在中、
ずっと晴天に恵まれたお蔭で素敵なアンティークの出会いがありました。
前半のフランスでは気温24、5度と暑く、それでも湿度が低く汗もかかず快適でした。
大きな北フランス、アミアンの大蚤の市は町中がブロカント市になり、
早朝7時前から10時間余り歩き続け、足が棒になるとはこのことだと思います。
一日前にアミアン入りしたので、同じ通りを歩くこともなく、スムーズに廻ることができました。
 
その後、フランスの田舎町のブロカント屋を回り、パリ入りしました。
数日前に事件が起きたパリですが、シャンゼリゼ大通り、ルーヴル、マレ地区にも行きましたが、
なんてたって素晴らしかったのはヴェルサイユ宮殿の庭園とマリー・アントワネットの離宮でした。
ヴェルサイユは三回目の訪問です。
 
後半イギリスに渡ってからはプライベートな時間はなく、四か所のホテルを転々として
毎日アンティーク探しに奔走。
気温は13度前後でフランスと比べれば少し寒いくらいですが、毎日快晴で気持ちよく
歩いた歩数は2万歩を超えた日も数日ありました。
 
ホテルに帰れば、次の日の朝が早いこともあり、疲れてブログも書けませんでした。
写真も沢山撮ってきています。
これからおいおい書きとめて行きますので、とうぞ旅先の雰囲気を少しでも感じとってください。
 
 
北フランスにて
 
 
Dsc_0693


Dsc_0664
 
 
Dsc_0700
 
 
P1100485


Dsc_0708




« 南イングランドへ | トップページ | 町の片隅で~癒されて »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ