« パリへ | トップページ | パリの空の下で~ »

2017/04/29

パリの蚤の市

パリにはいくつかの大きな蚤の市があります。
大きな蚤の市はクリニャンクール、ヴァンヴ、モントルイユですが、
いずれもパリの東西南北の端にあります。
 
これは19世紀後半、パリの都市整備が施行された際、退去命令を受けた廃品回収業者たちが、
当時の境界線であった城壁の門の外側に集まり、露天商となったのが蚤の市の起こりだそうです。
市の立つ場所にPorre(門)の名がつく場所が多いのはそのためです。
 
パリでは毎日どこかで朝市や小さな蚤の市が開かれています。
今回は一度は行ってみたかったアリーグルの蚤の市に行って来ました。
平日にも開催されているので、雰囲気だけでも味わいたい人にはおすすめです!
 
はっきり言って古着、古本、古い写真、食器、おもちゃなど、野菜と果物がが並ぶマルシェと隣接しているので、
買い付けや良いものを探すには期待薄ですが、
最寄りのメトロの駅からもわりと近く、広場周辺にはカフェやパン屋さんもあるので、
パリジェンヌを見ながら朝食、ランチを楽しむことができます。
 
私もホテルの朝食はとらずに、マルシェで隣の男性に便乗してマンゴの試食、1個分ちゃっかり頂いてしまいました。
その男性5個も買ったのに。。。ムッシュー  ごめんなさいm(_ _)m


 
Dsc_0766
 
Dsc_0771
 


何だか男衆が集まって異様な光景???
 
業者が開ける段ボールの箱を待っているのです。
 
開梱したとたんに取り合いになっていました!
 
しばしこの光景を隙間から眺めていたけれども、欲しいものなかったけど???

Dsc_0769
 
Dsc_0764




でも、キョロキョロと掘り出し物を探すのも蚤の市の楽しみです。 (^◇^)
 
GW突入です

さわやかな季節の中、皆さまも楽しいGWをお過ごしくださいね!



 

« パリへ | トップページ | パリの空の下で~ »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ