« 腹が減っては軍はできぬ | トップページ | パリへ »

2017/04/26

ビスケットウォーマー

ヴィクトリア時代、暖炉の前においてビスケットを温めたり、
ガーデン・ティーパーテイでのお客様のおもてなしに使われたビスケットウォーマー
イギリスのアンティークフェアではなかなか見つからず、やっとご縁がありました。
 
アフターヌーンティーはヴィクトリア時代に急速に広まり、
それまで貴族や上流階級のお茶を愉しむ習慣が中流階級に広まって行きました。
 
貝の形の蓋を開くと中蓋とともにディッシュが左右に広がります。
さらに美しいピアス加工の内蓋を開けるとゴールドギルドのお皿が豪華です。
 
 
 

Dscn5998

Dscn60043

Dscn6008

 

テーブルアレンジメントがいっそう華やかになります。

明日ご紹介します。

 

« 腹が減っては軍はできぬ | トップページ | パリへ »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ