« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017/05/30

お客様からの写真

今年もはや6月になります。

ネットショップ開設以来毎年、半期に一度のビックセールを開催しています。

1月の年始明けと6月、今年は諸事情により6月の初日より開催することになりました。

毎回楽しみにされている方も多いセールです。

詳細は明日31日にお知らせしますので宜しくお願いします。



さて、久しぶりにお客様から届いたお写真をご紹介します。
1月のセールでお買い上げくださった薔薇柄のフレンチファブリックとテディベア


Cimg42002

Dscn32932

 
桜の咲くころまでにはこの布で愛犬のオーダーメイドのお洋服が出来上がると
メールをくださっていました。
 
その後、お犬ちゃんが増えて急遽お洋服を作っていただいたそうです。
お花見の時は3姉妹お揃いの写真は撮れなかったそうですが。。。。
充分かわいさと雰囲気が伝わってきます(*^-^)




Img_195522
 
 
Img_92252_3


ペアちゃんとお揃いのツーショットのお写真も頂きましたが、

あまりにもベアちゃんと似ていてどちらがどちらなのかわかりません。フーン 。。ウ-ン。。

モデル初心者の○○○○ちゃんは少し緊張気味のようですが、
しっかりポーズをとってさすがです(*^^)v


Fullsizerender334

 
フレンチファブリックがベアちゃんと可愛い三姉妹のお洋服にリメークされ、

私も嬉しい限りです。

N様ありがとうございました。




2017/05/29

骨董市リポート5月

特別開催された大江戸骨董市
さわやかな気持ちがいいお天気になりました。
どこから集まるかしらと思うほどの来場者。。。さすが東京、されど東京です!!!
 
当店のブースは有楽町駅のすぐ傍、木立の緑が眩しい。
本当にたくさんの方が当店の前に立ち止まってくださいました。
 
午前中は出雲から国際フォーラムでの会議の為に上京された女性がお買い上げ、、、
海外からの観光客やいろんな方にお目にかかれて楽しい一日でした。
昼食をいただく暇もなく、帰宅後、緊張の糸が切れたのかずっしりと疲れがでて来た。
 
今回特に印象が残ったオシャレなご婦人、なんともうすぐ90歳とのこと。
とても、とても見えませんw(゚o゚)w
毎日、おしゃれして楽しく過ごすことが最大の幸せだとか?
お奨めした赤いガラスのネックレスがよく似合い、そのままつけて帰られました!(^^)!
 
当店の後ろの業者さんはアンティークのレースナップが5月の空にたなびき
フランスの蚤の市のようでした。


 
Dsc_0994
 
Dsc_0991

Dsc_0992

Dsc_09864



お買い上げいただいたお客様ありがとうございます。
 
次回は6月28日に出店いたします。またお目にかかりましょうm(__)m



2017/05/27

明日 大江戸骨董市出店

久しぶりのイベント出店です。
 
明日28日(日曜日)特別開催の大江戸骨董市に出店します。
 
暫くぶりなので、準備が大変です トホホ…
 
ブースのスペースが限られているので、大きなものは持って行けません。(。>0<。)
 
明日は暑くなるようなので、急遽涼しげなガラスものにチェンジ!
 
準備だけで悪戦苦闘している店主です。
 
買い付けて来たばかりの新入荷のカトラリー。。。店頭にたくさん並びます。
 
会場はアクセスがよい有楽町駅のすぐ近く(東京国際フォーラム)ですので、

銀ブラのついでにお寄りくださいね。




Dscn67102_2



2017/05/26

勝負は初日

フェアの前日入りした南イングランド
 
バッチリ下見も終え、明日のために早めに寝たが、頭の中は買い付けの戦略で
なかなか寝付けられない。
 
それでも連日の移動やアンティークハンターで疲れもピーク

知らず知らずのうちに深い眠りに落ちていった。
 
宿泊したB&Bの朝食は早朝何時でもOKで当の主は夢の中らしい!フゥゥ~
 
朝食ルームで勝手に食べていざ出発。。
 
今日も空は青く晴天。。。幸先が良いフェアの初日です。



P1100783


これと思う物は見つけた時は手から離してはだめ!
 
隣で物色している人も、実はお目当ては同じものだってこともあるのです。
油断大敵(@Д@;


木製のベットに眠っている可愛いビスクベビーを発見
中には藁に包まれた2匹の羊の人形が一緒に入っていました。


P11007793


お次は、私好みのお店で、カーテンにレースに絵画に、ジュエリー。。。
みんな素敵で全部欲しくなるが、、、まだ始まったばかり、、、
箱に詰まったレースから1枚1枚チェックしていくが、肝心のお値段がついていない。
お客さんの対応に忙しい店主にいちいち聞くのもはばかり、
だめもとで箱入りで全部でおいくら?なんて聞けば、彼女はびっくりして、
誰かに携帯で相談していた。
 
結構高いお値段だったけれど、1枚1枚購入するよりもかなり割安(^◇^)
交渉の末、箱なりゲット
レースの数 100枚はあると思います。
彼女が中のレースを見せて説明してくれたけれど手仕事のレースもかなりありました。
もうよだれが出そうで、これで当分レースは買い付けなくてもいいと思いました(v^ー゜)

 
P11007772


 

2017/05/23

南イングランドで 彡

このところ5月としては例年にない暑さにぐったりですが、

 

明日からはこの暑さも徐々に収まるとの予報にやれやれです。

フランス、イギリスの買い付けの記憶をたどりながら、新鮮な気持ちで作業をしています。

気に入ったお品が見つかりますように祈っています。



旅の報告はもう少し続きますが、やはり皆様の関心ごとは買い付け品の数々。。。

 

現地ではインボイスの商品画像をまとめて即々と撮影するのみで、

 

個別の美しい写真が余りありません。

 

船便到着後はお披露目もできます。

 

今しばらくは旅の風景をお楽しみくださいね(^^♪

 

 

 

2年ぶりの南イングランドです。

いつもはロンドンのヴィクトリア ステーションから日帰りで行っていたフェアも

今回は1日前に到着。

 

小さな田舎町、泊まる宿も廃墟と化し、村に1軒しかないB&Bに宿泊することにした。

この宿が意外と面白いホテルで、、、

おかげで素朴なカントリーサイドを散策したり、フェア会場の下見など。。。満足度が高まる。



170523blog2_3


唯一、B&Bの数件先にパン屋さんあったけれど夕方5時にはクローズ

この村には3日間滞在するので、、、、と思っていたが、結局1度も寄れずじまい゚゚(´O`)°゚

明日の朝は、

フェア会場から10分もしない場所に宿泊しているのだから、頑張らなくちゃ!

意気込むわたしです(v^ー゜)


2017/05/19

コツコツ努力~買い付け編

イギリス入りしてからは、毎日アンティークハンターの日々。
渡英する度に、初めての場所に穴場を求めてハンターしている私です。
 
同業者がよく行く場所では、もう良いものは見つからなくなっている昨今です。
勿論、行ってみないと収穫があるかどうかはわからないけれども、
期待薄でも、その町の人々や風景に出会えることは、また別の意味で嬉しいことです。
 
今回はイースターの日に、中部のBiggleswade(ピクルスウェイド)という町で開催されている
アンティークフェアに出向きました。駅は無人駅
 
事前に開催地の地図を検索して行ったものの、実際はかなり遠く、
町の中心地で5差路の交差点にぶつかり、あぁ~どちらに行けばいいの(゚д゚;)━━!!
地元住民に聞きながらなんとか辿りついた。
道すがら、イースターのお祈りに教会に行く家族、
大きなお屋敷のお庭や玄関先、窓辺を見ながら動く景色が美しかった!




Dsc_0814

Dsc_08073

Dsc_0805


フェアは地元の学校や公民館で定期的に開催されることが多く、

コミュニティーの場でもあり、隣接したティールームでは常連客の会話がはずむ。

まずまずの収穫と

ティータイムで同席した仲むつましいご夫婦の笑顔に旅の疲れもなごむ。



Dsc_0811_2

P11007394

 


 

2017/05/17

かいせきとしつらえの「井中居」

ここは東京の都心から少し離れたまだ自然の営みが残るところです。
 
昨年の1月に訪問したあきる野市の黒茶屋 と5月の燈々庵
1年ぶりに3軒目の姉妹店「井中居」に5月の上旬に行ってきました。
2つのお店はこのブログでもご紹介しております。
早い内に訪問できた達成感で、遅まきながら掲載しました。
 
 
明治初期に建てられた格子の美しい屋敷を改装された佇まいは
 
竹林を渡る風と小川のせせらぎのある「井」のような異空間です。
 
門をくぐり小道を抜けていくと筍がお迎え、小さくおじぎをしているように見えました。
 

Dsc_08982

Dsc_08992

P1100872

Dsc_0901

都会の騒音、時のながれを忘れゆっくりと過ごす懐石膳

季節の食材の恵みのありがたさ、移りゆく季節の愛おしさ。。。
 
 


Dsc_09002
Dsc_0902

170517blog

170517blog2



日本の美とおもてなしのしつらえ

これからもずっとずっと伝えて行きたい日本人の心です。

2017/05/15

風薫る5月の日

風薫る5月の日々、新商品更新しました
 
どうぞ宜しくお願いします。
 
京都では古都の風物詩、葵祭りがはじまりました。
大学時代、御所の前を通る花車の行列を見物に行ったのは、もう遠い昔のこと。
そんな葵祭りも源氏物語の絵巻に残っている大昔の行事
そう思えば伝統を守っている京都の人はえらいですよね!
 
昨日は母の日 present


離れて暮らしている息子たちから今年も母の日の贈り物カーネーションが届きました。
 
カーネーションという名前は花冠(コロネーション)からきており、
17世紀のフランスで大流行しました。
当時は王様から庶民に到るまでこぞって育てたと言われています。
以来、この人気から改良が進み、
次々と花をつけるスプレーカーネーションやミニカーネーションなど多くの品種が生みだされました。



175142_2



今は亡き母に感謝し、そして母として感謝され、元気な自分に感謝です!




2017/05/13

旅するアンティーク~イギリス編

旅の余韻もすっかり醒めて、現実へと。。。
私の旅はいつも楽しくて、夢半分、期待半分、
好きな物を買うって素直に言えば気持ちがいいです。
 
そんな買い付けの旅も半分が過ぎて、東京と同じ時点のロンドンへ、
今回はロンドンを通り過ぎて、中部の大きなフェアが開催される街で宿泊することにした。
翌朝のフェア、少し寒いですが青々とした晴天です。
建物の中も外も広いので、アンティークハンターは大変です。

イギリスの高級陶磁器オーチャードゴールド、濃密に描き込まれた果実の図柄が眩しい!!!




Dsc_0795

Dsc_0784

 

 
6月に生まれる孫娘の為にベビードレスを購入したお店で、
特大の1920年代のBoudoir doll(ブドワール ドール)を発見
目が覚めるような深紅のシルクドレス、状態のよさに陥落。
 
Boudoir dollはドールコレクターさんでないと、アンティーク市場には出でこないもの。
ましてや、フランスではなくてイギリスで、、、、
わからないものですね。出会いとはw(゚o゚)w



Dsc_07942


週明けに新商品更新の予定です。
 
順次、ちょっぴり素敵なアンティークご紹介していきます。
 
お楽しみに(^^♪

2017/05/10

新大統領マクロン氏はアミアン出身

フランスの大統領選で39歳の若さで新大統領になったマクロン氏
ファ-ストレディーとして注目を浴びている25歳年上のブリジットさん(64)もアミアン出身です。
色々と話題性のあるお二人ですが、そもそもフランスは自由な国で、男女夫婦間
子供の育児などの考え方が保守的な日本とはかなり異なります。
 
なんだかこの時期にアミアン入りした私にとって奇遇というか、
このタイミングは幸運にも似た気持ちです。
 
美しい北フランスのアミアンの街、
アンティークの仕事をしていなかったら、この街を訪れることもなかったでしょう!
 
アミアンの有名な銘菓マカロンが皮肉にもマクロンとして有名になり、
そのマカロンの老舗のチョコレート屋で生まれたブリジットさん。。。。
あま~い恋が生まれたのも運命的なこと。
 
蚤の市が開催された日に、彼女のお店らしき店頭でマカロンの試食をしたわたくしでございます。
夫は違うなんていってますが、私は信じています(*^-^)


 
Dsc_0711

P1100470

P11004732
 


有名な建築家が設計したアミアンの駅をでると目の前にべレ塔がそびえ建つ
 
近代的な建物と13世紀に建てられたフランス最大のゴシック様式の大聖堂が融合された
美しい街並みです。


アミアンの探訪の追憶からでした。

2017/05/08

パリ~ロンドンへ

全国的に晴天に恵まれたGWも終わり、日常の生活に戻りました。
 
皆さまはGWはどのように過ごされたでしょうか?
私は少しずつ更新の準備をしながら、都心から少し離れた近場で、静かに移り行く季節を楽しみました。

急に暑くなった日本列島、心身ともにお疲れと思いますが、母の日も近づき、
「母の日特集」として、お手頃価格のお品をご紹介しました。
どうぞご覧になってください。


さて、フランスの旅の報告もまだまだあるのですが、魅力的なヴェルサイユはのちほど
旅の終わりにお伝えしますね。

常宿としているパリのホテルを後に北駅からユーロスターにスムーズに乗り込むはずだった私たちに
とんだハプニングが待っていた。

宿泊ホテルは東駅に近くどこに行くにもとても便利で最近常宿にしています。
朝食のジュースもこんなマシーンでジューシー。。。downwardleft



P1100544

Dsc_07822



フランスからイギリスへのユーロスター
最近はテロの影響もあり、かなり厳しいチェックがあります。

フランスで買い付けた商品を段ボールに入れてキャスターで運ぶこと。
事前に、大きなカバンに入れ替えるか迷ったのですが、結局割れ物もあるし。。。
こんな形で運ぶことになる。

ユーロスターは殆ど観光客かビジネス客が多いので、皆さん荷物は少ないです。
基本、荷物は大きさにかかわらず一人トランク2つ、
あきらかに荷物オーバーで、段ボールの箱はかなり目立ちやばいです。downwardleft



Dsc_0790_2


出国審査で、係員にくちゅくちゅと問われ、あげくに段ボールを開かれチェック(・_・)エッ....?
訳がわからないフランス語に反応不可能
それで、「元通りしてよ!」なんて怖い顔を見せたら、彼も恐縮してガムテープを貼ってくれた。
 
ここで、かなり冷や汗をかき、乗車まで時間がなく、焦るは焦るはrunsweat01
ユーロスターは乗り遅れたらパーで、キャンセルも不可能ですからね。
何とか乗車できて、一路ロンドンへsubway
 
 
※今回の買い付けの旅には夫がボディ ガードとして同行しております。
実際は殆どが別行動でしたが、それでも心強かったです~(^_-)-☆



2017/05/06

塩船観音寺のつつじ

GWも後半、汗ばむくらいの良いお天気が続いています。
さわやかな青空に誘われて連日、5月の美しい風景やお食事満喫しております。
 
3週間余りの買い付けの旅では、高カロリーの食事ばかりしていたので、
ちょっぴりコレストロールも高め
ウォキングに、日本食にと体をチェンジしなくちゃ。。(。>0<。)
 
5月の始め、青梅の花と歴史の寺、塩船観音寺のつつじ祭りに行って来ました。
こんな美しいつつじ林の光景をみたことありません!!!
遠くから眺めると、色鮮やかにポコポコと可愛いです。
日本って、美しい場所、知らないだけでたくさんあるのですねw(゚o゚)w
 
つつじの花って、開花して3日~5日が見ごろで長く楽しめる花ではないとのこと。
 
エッ....? そうなの
 
観音様が見下ろす窪みが船形になっているので、この名前がついたそうです。
 
ウグイスの鳴き声や鐘の音・・・なんとも情緒たっぷり


P1100841

P11008472

P1100865

 

P11008682

P1100838




連休中もコツコツ更新の準備をしています。

近日中には新商品アップの予定です。



2017/05/04

オルセーの刺激が出会いを生む

オルセー美術館
 
素敵な絵画を鑑賞した後は、ここちよい余韻がずっと続き~~~
 
いい絵画の出会いがありました。
 
アンティークフェアで出会った画商、数年前にどこかで出会ったような気がする。
 
頭の禿げぐあい。。。?
 
まあ、よく似た人は沢山いるからね(*v.v)。
 
ひと目で気に入った油絵、柔らかい色彩が印象派の画風のよう!!!



P11007892

P11007902


二点とも大きな油絵です。
 
こちら船便で、ご紹介は少し先になりますが、

お楽しみに!



 
 

2017/05/02

パリの空の下で~

さわやかな、ひかり輝く5月になりました。
このお天気に誘われて、私もGW中、ちょこちょこ出かけております。
GW中は更新の準備をしながら日帰りのお出かけを楽しみたいと思っています。
連休明けには更新の予定でいます。宜しくお願いします。
 
さて、パリも5月になりさわやかな季節を迎えています。
 
久しぶりのオルセー美術館、何度訪れても印象派の作品に感動します。



P1100670

P11006282

P1100617

P11006642





色んな思いが交錯して、目を輝かせながら見る絵画や装飾。。。。
選ばれた作品のみが眠る宝庫
人々を癒し、何度見ても飽きない魅力がここにはある。
 
そんなアンティークがあるのかしら?
 
試行錯誤の旅はつづく。

 

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

antique shop 8trees

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ