«  ヴェルサイユの庭園 | トップページ | マリーアントワネット物語③ 王妃の村里 »

2017/07/11

マリーアントワネット物語② グラン&プティ・トリアノン宮殿

都合により13日~15日までショップはお休みさせて頂きます。

昨日、イギリスからの荷物が遅れに遅れ東京港に到着しました。

諸事情により、新商品のご紹介は来週以降になりますが、素敵なアンティーク満載です。

楽しみにお待ち下さるようにお願いします。
 

マリーアントワネット物語の続き。。。

 

宮殿から離宮は約1,5㎞離れています。
時間がない人はプチトランの乗り物を利用するのもいいですが、かなり混んでいて、
待たされることが多いです。のんびり歩いて散策されることをお奨めします。

いつの時代も同じこと。。。。
きらびやかな、堅ぐるしい宮廷生活に疲れた王家の人々やマリーアントワネットの息抜きの場所として建てられたグラン・トリアノンとマリーアントワネットの離宮プティ・トリアノン

 

 
グラン・トリアノンはルイ14世が公務を離れ身近な者たちと過ごすために建てさせた

イタリア風邸宅で、バラ色の大理石でできた列柱回廊がとても美しいです。




Dsc_0743

P11005693

 

フランス革命でルイ14世時代の調度品はすべて失われました。

革命後はナポレオンがこの館の主になり、皇后マリー・ルイーズの寝室にある調度品の殆

どが19世紀製で保存されています。




Dsc_0741
 


ブルーを基調としたこの部屋は

現在は国賓を招いての晩餐会などに利用されています。

 
Dsc_0739_2
 
 
プティ・トリアノン

田舎生活を夢見た王妃の安らぎの場としてルイ15世紀が愛妾ポンパードゥール夫人の発案で建築しました。
その後ルイ16世の即位後マリーアントワネットに贈呈され、

離宮とし彼女のお気に入りの別宅となりました。

 
P1100576_2


プテイ・トリアノンにある王妃の寝室。
 
マリーアントワネットがヴェルサイユを去った時の様子が再現されています。

 
Dsc_07482
 
 
 
 
マリーアントワネットは何を思い、この離宮を後にしたことでしょう!

プティ・トリアノンの裏側には、人工の湖や小川、洞窟、見晴台のあるイギリス庭園を造らせ

村里の田舎暮らしを楽しんだ王妃の楽しい日々は、やがて民衆の反感と憎しみを呼び

終わりを迎えることとなる。





«  ヴェルサイユの庭園 | トップページ | マリーアントワネット物語③ 王妃の村里 »

season」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ