« フランスの香り | トップページ | 夏の日 »

2017/07/23

椅子との暮らし

2つの国から旅して来たチェア
 
体に沿うやさしい椅子との生活は、私たちの暮らしになくてはならない調度品
 
ちょっぴり甘いフランスのペイントチェア
 
英国家具のオークチェア
 
どちらも個性ある椅子です。
 
座るのもよし、テディベア、バスケットのディスプレイとして見せて楽しむ。
 
アンティークフェアの家具店には必ず陳列している椅子ですが、その中で選びに選び
 
セレクトして来たチェアです。


Dscn73663

Dscn73463

 
単純に言って、買い付けとは時間も手間もかかっています。
 
選ぶ時はいつも椅子のイメージを膨らませて、満足していただける物をと考えています。
 
椅子の表情、座面の材質、背もたれのシェーブはとても美しくベストコンディションです。
 
次回更新します。
 
 

« フランスの香り | トップページ | 夏の日 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ