« マリーアントワネット物語③ 王妃の村里 | トップページ | 英・仏からの買い付け品搬入 »

2017/07/18

ヴェルサイユ宮殿とマリー・アントワネット

ヴェルサイユの報告も最終編になります。
 
ヴェルサイユ宮殿は訪問された方もおられるでしょうから、特に宮殿報告はしませんが、
世界遺産のなかでもルイ王朝の栄華を象徴する壮麗な王宮は必見です。
王室礼拝堂からスタートする黄金ルートはガイドブックにも詳細に記載されています。
 
中でも鏡の回廊は必見です。
1919年6月28日世界大戦の終了を告げるヴェルサイユ条約が調印されたのもここです。


P1100577

Dsc_0761


階段を上がって最初に見られる礼拝堂

14歳のアントワネットとルイ16世の結婚式はここで行われました。

上階部分の壮麗な天井画の中央部分はアントワーヌ・コワペル作

「世界の贖罪の約束をもたらす栄光の中の神」

 

Dsc_07562_2

Dsc_0757


王妃の寝室
 
3人の王妃が利用し、19人の王の子がここで誕生。
出産は一般公開されました。
現在公開されている家具や装飾はアントワネット時代のもので1980年に復元され、
王妃の部屋には隠し扉があり、フランス革命の時ここから脱出したといわれています。


F76b6fbbs


今回の旅は宮殿の中のマリー・アントワネットをたどる目的の訪問でした。
宮殿で贅沢な生活を送り、最後は民衆によって処刑された悲劇の王妃、マリー・アントワネット。
彼女の生涯を知ってこのヴェルサイユを訪れば、より理解が深まることでしょう!
 
マリー・アントワネットが今なおクローズアップされるのは、
彼女の人生が優雅・愛・悲劇に満ち、あるときは悪女、でもあるときは気高い王妃に見えるからでは? 
そんな多面性が彼女を輝かせているからではないでしょうか。



Dsc_07462


アンティークのお品のモチーフにも、アントワネットを題材したものが多いです。
 
私たちは悪女を超えた視線で、彼女を愛してしまいます。
そして小柄な愛らしい少女のままのアントワネットに魅了されます。
 
 

« マリーアントワネット物語③ 王妃の村里 | トップページ | 英・仏からの買い付け品搬入 »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ