« 過ぎゆく夏の日 | トップページ | ㏌ 北海道  »

2017/08/27

information

8月もわずかになりました。
台風や洪水、猛暑、長雨と。。。天候面では恵まれなかった夏ですが、
それぞれの夏は楽しい思い出を残せたことでしょう!
 
サイトショップでは夏休みにもかかわらず、沢山のご来店ありがとうございます。
そろそろアンティークも動き始めました。今回もオーダーが集中するお品が数点ありました。
一斉オーダーは酷なものと思いながらも、プレビュー時間がたっぷりあるので嬉しいと
言ってくださるお客様が多く、しばらくはこのような形態でやって行きます。
 
TOPページでもお知らせしています様に30~9/2までの4日間、遅い夏季休暇を頂きます。
ゆるりといいながらも、通販の仕事は商品撮影~発送まで、かなり日数を要します。
何だか、店売りと違い、いつも糸を引いている感じがしますが、
原点は日本中の方へ素敵なアンティークをお届けしたい気持ちで始めたショップですから
私には通販で始まり通販で終わりたいと思っています。
 
秋は旅のシーズンです!
 
 
イギリス、ロンドンの風景だけでは英国は語れません。
ロンドンを抜け30分もすればカントリーサイドの田園地帯が広がります。
この、田園風景は東西南北の地形によっては多少違うものの、かなり似ています。
その点、海辺の街はヨーロッパ風で、場所によって、ここがイギリスなの?。。と
錯覚する場所もあります。
 
画像は北ウェールズの古城コンウィと近郊の街スランドゥドゥノ
近い場所で古き英国と明るいエレガントなリゾート地を感じることができました。
歩いていると、さすがイギリスです。
アンティークセンターやショップもあります。運がよけえば大きなアンティークフェアに
出くわすこともあるのです。



P1080903
 
Dscn9580



次回の更新は9月になりますが、宜しくお願いします<m(__)m>
 

« 過ぎゆく夏の日 | トップページ | ㏌ 北海道  »

antique」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ