« パディントン駅構内で。。。 | トップページ | 立春すぎても春は遠く »

2018/02/05

Boudoir doll

昨年、イギリスのアンティークフェアで
とっても可愛らしいベビードレスがディスプレイされていて、思わず立ち寄ったフランス人のお店
生まれたばかりの孫娘のお宮参りのベビードレスを探していた時でした
ひときわ目立つ赤いシルクドレスを着たお人形がこちらを見つめていた。



Dsc_07943_3


お顔とこの大きな身長はどこかで見たような気がするが名前が出てこない。
  フランス語でBoudoir doll(ブドワールドール)
日本語で私室人形と言います。
1915~1930年頃、女性の私室(寝室)のベットやソファを飾るために作られたお人形です。
 
ブドワールドールは通常細長いボディと高いヒールが特徴、
手足は陶器、ボディーは藁、マスクは布製で特徴のある顔はすべて手描きです。
一点物でほとんど市場には出てこないドールですから、オークションを通して売買されています。


Dscn0706_2_2
 

このレアなブドワールドール、近日中にアップします。
 
目の覚めるような深紅のドレス
 
あなたを見つめる瞳
 
共に夢を描きましょう!



« パディントン駅構内で。。。 | トップページ | 立春すぎても春は遠く »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ