« 立春すぎても春は遠く | トップページ | スイスのあったかグルメ »

2018/02/10

英国の2月

更新後はいつもメールのやり取りが多く、気候のこと、日常の生活のことなどを
お話する機会が増えます。
鳥取の大山、新潟駅のお近くのお客様から、今回の大雪の現状を知ると、
記録的な積雪は、北陸地方ばかりではなく、広範囲の地域で交通網の遅れや運休が
あったようです。少しずつ解消されてはいるものの、
 
「これくらいで嘆いてはおられませんが、もう雪は勘弁してほしいです
毎日雪かきで寒く、アンティークを見ると心が温かくなります。」
その気持ちわかります( ^^) _U~~
日本広し、東京のお客様からは、犬の散歩で行く北の丸公園には、
可愛いひかえめに咲くロウバイに癒されます。。。。と
我が家に隣接している公園でもロウバイの花がさいています。
 
今冬の日本は英国よりも寒いようですねw(゚o゚)w
過去の旅のかけら~2月の風景より


Pict0108

池の水がゆるむ日は、鳥も羽をのばす
 
クリスマスの装飾に使うホーリー(holly)
 
ヒイラギは秋に白い小花を密生させて、熟すと暗赤色の実をつけます。
日本ではあまり見られない光景ですが、節分の夜、この枝とイワシの頭を門戸に
挿すと悪鬼を払うと言われています。

Pict00922


太陽の日差しが少ないイギリスでは、

晴れた日、少しでも太陽が覗くと、郊外にでて日光浴を楽しまれます。

習慣みたいなもので、日本ではこの時期あまり見かけない風景です。

 

P1000212

連休の始まりです。

皆様も良い週末をお過ごしくださいね。

 

« 立春すぎても春は遠く | トップページ | スイスのあったかグルメ »

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ