« 英国の2月 | トップページ | present  »

2018/02/12

スイスのあったかグルメ

平昌(ピョンチャン)オリンピック開催中

厳しい寒さのなかの熱戦にみる者も力が入ります。

オリンピック、世界地図が頭に広がる瞬間です。

更新の作業が終わりほっとする時が、私の唯一のゆとりの時間

わが町の東にあるスイスレストラン「ル・シャレー」に遅めのランチタイム

このお店は随分前になりますが、隣接する東村山のお客さまに連れて行ってもらったお店です。

スイス国旗が目印で、なかなか評判のレストランです。

ランチョンマットのイラストがユニークで可愛かった!

Dsc_1781_2

お店の看板メニューは濃厚でとろけるチーズフォンデュ
とろける食感が存分に味わえます。

煮詰まると塩辛さが増してくるので、かき混ぜながら早めに食べるのがポイント。



Dsc_1782_4 こころも気持ちもあったかくなるチーズフォンデュは1680円
 
セットになったランチメニューは2100円とお手頃でした(^^♪


080209_2

 

 

あったか気分で、今週も更新の予定です。

お楽しみに‼


« 英国の2月 | トップページ | present  »

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ