« March(3月) | トップページ | ロンドンでお茶を »

2018/03/05

北イタリア・UDINEより

三寒四温と、昔の人はよく言ったものです。
暖かな陽気も今日まで、まだまだ冬物は片付けられないです。
 
イタリアの大統領選のニュースを聞けば
北イタリアの友人のことをふと思い出します。
 
彼のお母さんと高校生の妹さんが12月のクリスマスに来日しました。
私は都合でお会いすることができなかったのですが、
彼は家族に私達のことを話していて、お土産をいただきました。
イタリアのクリスマスに12月だけ販売されるプディング型をしたパウンドケーキ
特産の葡萄やナッツ入りもあります。


Dscn1200_3_2


そして、彼の家族の朝食には必ずパンにぬってたべるチョコレートnutella(ヌテラ)
彼の住む北イタリアのUDINEで製造されています。
日本のスーパーでも売っているところもありますが、
日本で販売されているヌテラのチョコレートはオーストラリア産でプラスチックの容器に入っています。
イタリアからは輸送にコストもかかり割高になるので、オーストラリアからの輸入品となります。
本場のヌテラチョコは雪の結晶の柄がガラス瓶に入っていて、
彼曰く。。。空瓶になったら可愛いのでコップとして使うそうです。
 
 
Dscn1190_2_3

左がオーストラリア産、右がUDINE産、
どう味が違うのか?まだ賞味しておりません。(>_<)
 

Dscn1192_2_3

北イタリアのUDINEは頂いたパンフレットによると歴史的建造物も多く
美しい街のようです。

Dscn11962_4
 


丘陵に広がる葡萄畑、古い教会憧れます。


いつかこの町を訪問できればいいなあ!なんて思いを馳せています。


« March(3月) | トップページ | ロンドンでお茶を »

information」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ