« 北イタリア・UDINEより | トップページ | 英国買い付け »

2018/03/09

ロンドンでお茶を

一雨ごとに春に近づいているようなこの頃です。

今週は少しずつですが新商品更新しています。
お時間がある時に、ご覧になってください。

海外の一人旅は、coffee shopやtearoomに入るのは勇気がいるものです。
私はそんなことももう慣れっこになりましたが、それでも一人でおしゃべりもせず黙々食べるのはちょっと寂しいです。

ロンドンでお茶をしたい時はこんな所をお奨めします。
大英博物館に規模ではひけをとらないヴィクトリアン&アルバート博物館
ヴィクトリアン時代の建物は外見だけでも圧巻ですが、
興味をある展示を重点的に見て回ることができるので、
私は半日自由な時間がある時などV&Aミュジアムに立ち寄ります。

館内の英国1760年~1900年のブース
こんな可愛い絵画は買い付けの参考になります。

Dsc_12852

 

博物館の中庭には大きな人工の池があり、大勢の人が余暇を楽しんでいます。
この池の端にカフェやケーキ、スコーン、サンドイッチの屋台がずらりと立ち並びます。
セルフーサービスで、目の前に並ぶ食べ物を自ら選び取るだけでOKです。
もちろん温かい飲み物やスープもあります。

最後にまとめて清算して、テラス席で周りの景色を見ながらいただきます。

Dsc_1273
Dsc_1268


ここのスコーンは大きくてボリームがあります。
スコーンを注文すれば、クロティッドクリームやジャム瓶が付いてきます。
またスコーンにつけるクロティットクリームの他にチーズクリームが絶妙に美味しいです。

 
Dsc_1274
 
 
 
時には相席になった人と片言交じりでお話するのも旅の楽しい時間です。
 
私はオーストラリアからのシニア世代の方と同席になり、
アイルランドに住む娘と孫に会いに行くと嬉しそうでした。
 
海外の旅は楽しい反面、緊張の連続でもあります。
せめてお茶の時間だけでもゆっくりとくつろぎたいものです。



« 北イタリア・UDINEより | トップページ | 英国買い付け »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ