« 王室御用達チョコレート | トップページ | blog shop 再開 »

2018/04/29

時を刻む音

GW前半のスタートです
全国的に五月晴れで、帰省、旅行、行楽地はどこも人で込み合っています。
お天気もいいので、外出も考えていますが、英国のおきみやげの足の小指の血豆が悪化(>_<) 
靴を選ばないと歩くのが痛いです。
 
 
そんな訳で、衣替えや家の整理など、することは沢山ありますが。。。
そんなことも、すんなりできるかどうかもわかりません。
時は待ってはくれない。刻々と過ぎていきます。
時間はときにはプラスに働き、時にはマイナスに。
私は最近時間の経過がプラスに働いていることに気がつきました。
風邪も、怪我も時間と共に良くなること。
悲しみや苦しみは時間と共に薄らぎ、受け止めることができること。
時間が解決してくれるとはこんな事をいうのでしょうか?

アンティークフェアで見つけた天使柄のclock
動くのを確認して購入
宿泊ホテルを転々としている間、チクタクと音を刻んでおりました。
静かな部屋では、この音が気になり、止めようとするが止める方法がわからなくて、しばし困惑。
このままシッピング会社に預ければ、テロの爆弾と間違えられて検閲にひかかることも無きにしも非ず。
優しい音は時には問題を引き起こすことも。



Dsc_1551_2
 
Dsc_1550


無事届くことを祈って!!
 
皆さんもGWを有意義にお過ごしください。


« 王室御用達チョコレート | トップページ | blog shop 再開 »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ