« 骨董市 | トップページ | 還暦を迎えた東京タワー »

2018/05/17

アンティーク・ホーローの魅力

5月とは思えない暑さと、寒暖の差に戸惑うこの頃ですが、
花も緑も美しい過ごしやすい季節です。
次回の更新準備中ですが、今週は毎日出かける予定があり、
新商品のご紹介は週明けになりますが、20点ほどアップの予定です。

先日花屋さんの前を通るとバケツ一杯にはいった紫陽花が500円で売っていました!
お安いし、ホーローのジャグにざっくりと活けたら美しいだろうなあ。。。
ホーロの水差しのジャグ、当店でも沢山ご紹介してきましたが、在庫がありません。(。>0<。)

2006年、成美堂出版から発刊された「大好きなホウロウのインテリア」では
ホーロー製品、たくさん掲載させていただきました。
当店だけが掲載協力店に選ばれ巻末にショップ名「8trees」が掲載されました。
あの頃は、買い付けに行っても沢山のホーロー製品がありました。
サイズやデザインも豊富で製産国によって特徴があり、装飾的な花柄はフランス製が多かった。
イギリスやフランスでも在りし日のように気に入ったホーローに出会うことは難しくなって来ましたが、
水やミルクなどの運搬に使われたジャグ(水差し)は6月には到着します。
単色のジャグはお花をより美しく見せてくれます。



Dsc_1704


Dsc_1703



1920年~50年代に多く作られたホーロー
それらが当時どんな使われ方をされていたのか、昔の人の暮らしぶりを知ると、
ますますホーローへの愛着が生まれてきます。



« 骨董市 | トップページ | 還暦を迎えた東京タワー »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ