« お客様のお部屋から | トップページ | 作品を読む »

2018/06/12

名窯・ドレスデン

華やかな西洋食器は、時には素朴さや大胆さという違う表情を見せて、私たちの目を楽しませてくれます。
中でも名窯と呼ばれる人気の高い西洋食器の出会いは心が高ぶります。

イギリスのシェリー、パラゴン、スージー、などと言った花柄が美しいものから
ロイヤル クラウンダービーやロイヤル ウースター窯などの金彩の美しさが際立つ器まで
数多くの名窯があります。

フランスはリモージュ、セーブル、パリ窯の器は華やかな装飾性を高めたものが多いです。
西洋硬質磁器について語る時、数々の名品の制作と西洋陶芸界に大きな功績を残した国
ドイツのマイセン窯を外すことはできません。
双剣マークのマイセン、贋作も多く買い付けまでにはいきませんが、
マイセンに続き、歴史の古さを誇るドレスデンは今日でも高い評価を得て、
比較的ポーセリンマークがはっきりしているので買い付けています。

今回の買い付けで素晴らしいドレスデンの器に出会いました。
器の芸術品ともいえる逸品です。
陶花が蓋に、側面にはガーランドのアーチが連なり。。。
 あまりにも、突然の出会いと、優雅さにうっとりとしてしまいよく覚えていないのですが、
それでも頭に想像以上の形が浮かんできます。



Dsc_16004



忙しい買い付け、
ゆっくりと写真を撮っている余裕もありません。
先に進まなければ、業者さんはみんな帰り支度をはじめます。
その点は日本人とは違いシビアです。

現物を見るのが楽しみです( ^^) _U~~



« お客様のお部屋から | トップページ | 作品を読む »

antique」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ